2020年04月10日

大平山200409

20年4月9日(木)  晴


前回は強風で阻まれたので、今日は記録更新を狙って出かけた。

しかし体が重く、歩調がはかどらなかった。


登山口から上は写真を撮る外は特に休むことなく上ったが、タイムは何と前回と同じだった。

呼吸を整えるために立ち止まるのが多かった。


しかし外気は暑からず寒からず、登山日和ではあった。


平日だけあって、出会ったのは近道上で下ってくる男性一人だけであった。


山頂からは北方の斜面は山桜が美しかった。


下りに気づいたが、野焼きの燃え殻は上方の防火帯の草むらに残っていた。


<(01) 野焼き5日後の大平山>

(01) 野焼き5日後の大平山DSC07383.JPG


<(02) 芽吹きが進んでいる>

(02) 芽吹きが進んでいるDSC07384.JPG

<(03) 自衛隊用地も野焼き>

(03) 自衛隊用地も野焼きDSC07386.JPG

自衛隊の敷地内の演習場も野焼きされていた。


<(04) 谷状地の野焼き跡>

(04) 谷状地の野焼き跡DSC07390.JPG

山桜は盛りを過ぎ、前方の谷状地は鮮やかな黒。


<(05) 近道全景>

(05) 近道全景DSC07393.JPG

全体が良く見える。


<(06) 近道上方>
(06) 近道上方DSC07395.JPG

もう少しだ。


<(07) 草花の開花>

(07) 草花の開花DSC07397.JPG

スミレの他に2種。


<(08) 山桜の大木を振り返る>

(08) 山桜の大木を振り返る DSC07405.JPG

まだ満開に近い。


<(09) 山頂標遠景>

(09) 山頂標遠景DSC07408.JPG

新しい山頂標識は遠くからもよく目立ち、色合いも良い。


<(10) 鮮やかなT字路>

(10) 鮮やかT字路zoom DSC07410.JPG

路面の白が目立つ。


<(11) 鍋山の山桜>

(11) 鍋山の山桜zoom DSC07411.JPG

鍋山方面も良く咲いている。


<(12) 日の当たる野焼き跡>

(12) 日の当る野焼き跡DSC07414.JPG

日が当たると野焼き跡は彩度が上がる。



<記録>

(凡例)CV:カーブ地点,AP3:見かけのピーク3番目

 登山口近道下近道上CVAP3△点前山頂 
月日発時刻スプリットタイム(分)着時刻天候
4/914:2810233650
55
6015:28快晴・弱風
4/515:419263950
55
6016:41快晴・強風
1/914:1710233647
52
5715:14快晴・寒風
1/214:251125 4954
58
15:23快晴


<所要時間>

◎アプローチ:39’ 【移動30’,休み9’】

自宅発 1:49PM<16’>鶴見橋下<14’>2:19 桜南登着(9’)

◎往路:1:00 【移動1:00,休み0】

桜南登発 2:28PM<23’>近道上<37’>3:28PM 山頂着

◎山頂?:12’ 【移動0,休み12’】

◎復路:48’ 【移動26’,休み22’】

山頂発 3:40PM<26’>4:06PM 林道着(22’)

◎帰路:36’ 【移動36’,休み0】

林道発 4:28PM<10’>ゲート<6’>自衛隊前<20’>5:04PM 自宅着

◎合計:3:15 【移動2:32,休み43’】


<装備>

◎荷重:ザック:3.8k(ヘッドカバー), サイドバッグ:0.9k, 計4.7k

◎服装:TRボクサーGR, BVD半袖WT, 山用長パンツ, 山用長袖WT, 山用ソックスGABOX, カジュアルキャップ, サロモンローカット, タオルハンカチ, 手袋滑り止めLG

◎食料消費:水約140ml, 塩トマト4粒, しょうがのど飴2個, キシリクリスタル2個, QE 1B






posted by sanjin at 19:32 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする