ス ポンサードリンク

2015年08月17日

新緑の大平山150505

15年5月5日(火)  快晴

快晴で日差しは強いが、適度に風があり、空気は熱くない。快適に歩けた。
若葉がまぶしい。春霞のため遠望は利かない。

市道を上り、大分道を跨ぐ鶴見原橋手前で右折して自衛隊北側から桜のその南側の登山口を目指す。

<01並木道><02大平山を望む>
01並木道.JPG
02大平山を望む.JPG

<ルートマップ(カシミール3Dによる)>

<03登山道入口>
03登山道入口.JPG
登山口から上っていくと、下山してくる男性が一人。挨拶する。

<04近道>
04近道.JPG
近道下から上っていると、ホオジロ?が囀っていた。バッタもチッチ・チッチ…と音を立てながら飛んでいた。

遠くではトビやカラスが飛んでいる。
カラスが数羽トビの群れに向かって飛び上がり、一緒に滑空していたが、長くは続かず、直ぐに羽ばたいて群れを離れた。
カラスの児はカラス、賢くてもトビにはなれないのか。

<05トビ>
05トビ.JPG
近道上につくととびが旋回しながら近づいてきて、頭上を掠めた。きょりは10m位か。
可也大きく迫力がある。色は褐色。

特有の翼下の白い斑点は確認できなかった。

撮影したが、既に遠く、後で拡大してみたが、やはり斑点は見えない。
逆光のため黒っぽいが、尾羽の形からやはりとびだろうと思われる。

滑空するハシブトも接近するとびっくりするほど大きく見える。
山には大型が群れているのだろうか。

山頂を目指して、トビやカラスを観察しながら、ゆっくりと上る。

<06「腰掛石」>
06「腰掛石」.JPG
途中、勝手に「腰掛石」と名づけた石がある。

<07上部登山道>
07上部登山道.JPG
そノ先から一段上に登ると、また道は平坦になる。

<08三角点の前>
08三角点前.JPG
三角点の前。ヒノキの間にテープが見えますか。

<09山頂直下>
09山頂直下.JPG
三角点から山頂へはほぼ平坦で、長閑な散歩道。

<10山頂><11山頂石>
10山頂.JPG
11山頂石.JPG

<12バイク>
12バイク.JPG
山頂に着くと、エンジン音がしてバイクが次々に上ってくる。
延べ4台、下山時は3台が山頂台地に残っていた。


内山まで往復したと言うご夫婦?と一緒に下山を始めたが、先を急ぐので先行した。

<13?><14ペラペラヨメナ?>
13?.JPG
14ペラペラヨメナ?.JPG

<15シロツメクサ>
157シロツメクサと?.JPG
防火帯を下って南側の林道に出た。


県道まで下ると、祭日のため車が多く、なかなか渡れない。
右が途切れた折に中央線まで渡ったが、左からは車が続いている。

別府ICまでの渋滞が延びた折に、運転手に譲ってもらってやっと渡ることが出来た。

渡るのに要した時間は、長く感じたので5分間くらいかと思ったが、GPSの記録では2分台。
待つ時間は長く、2倍くらいに感じるのだなあ。

そこから何時ものウォーキングコースに戻って帰宅した。


<所要時間概要>:<>移動時間、()休み時間
◎アプローチ:自宅発2:10PM<34’>2:44PM桜の園登山口着(11’)
◎往路:桜の園登山口発2:55PM<1:24(内4’)>山頂着4:23PM
◎山頂:4:23PM (16’) 4:39PM
◎復路:山頂発:4:39PM<22’>5:01PM林道上登山口着(3’)
◎帰路:林道上登山口発5:04PM<40’>5:44PM自宅着
◎合計:3:34 【移動3:00,休み34’】

<装備>
◎ザック:オスプレイ・マンタ3.3kg
◎服装:トレイルパンツ・ハーフロング、ニッカホース

登山の楽しみ トップへ
posted by sanjin at 19:25 | Comment(4) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

裏由布台地150422

本文: 15年4月22日(水) 晴

裏由布台地に、かつて見た洞穴を探しに出かけたが、見つからなかった。

県道11号線の猪の瀬戸湿原の三叉路からエコーラインに入る。上り下って塚原に入り、左折して県道616号線に入る。右手に霧島神社の鳥居を見て、更に進むと県道は左手の大分道に並行すようになる。先の鳥居から300m程進むと左手に高速道を潜る分岐に従って左折する。
高速を潜ると直ぐに左手に数台停められる駐車スペースがある。

<ルートマップ(カシミール3D使用)>
150422裏由布台地.jpg

ここに駐車して車道を数分歩くと左手に塚原集材路のゲートがある。
車は入れないが、ここから歩いて入る。
集材路を途中の分岐には入らずに上って行くと、最後にメイン路が大きく右にカーブする。そこでは真直ぐに側溝を渡る。やがて道が右に曲がる手前で左手に林中に入る。テープがいくつかみられる。このテープは 岩山 に向かうものであるが、台地の岩と樹林の入口でもある。

ここから先ず北へ。苔むす高くそびえる岩と樹木。独特の雰囲気を持つこの台地は歩くだけでも深い安らぎを覚える。ただ慣れていないと迷いやすいので、戻るポイントをGPSにセットしておいたほうが良い。大きく8の字を描くように歩いて探索したが、小さな岩の割れ目や隙間は見られたが、かつて見られた、歩いて入れるような大きな洞穴は見つからなかった。
また出直しだな。

<01苔むす樹林1><02ヤマシャクヤク>
01苔むす樹林1.JPG
02ヤマシャクヤク.JPG

<03岩の隙間1><04岩の隙間2>
03岩の隙間1.JPG
04岩の隙間2.JPG

<05岩の隙間3><06岩の隙間4>
05岩の隙間3.JPG
06岩の隙間4.JPG

<07苔むす樹林2><08岩屑の樹林>
07苔むす樹林2.JPG
08岩屑の樹林.JPG

<09苔むす樹林3><10苔むす樹林4>
09苔むす樹林3.JPG
10苔むす樹林4.JPG

<11岩の隙間5><12岩と樹林>
11岩の隙間5.JPG
12岩と樹林.JPG


<所要時間>
◎アプローチ:39’ 【移動26’,休み13’】
自宅発 8:54AM<車26’>9:20AM 高速先着(13’)
◎山行:3:47 【移動2:36,休み1:11】
高速先発 9:33AM<3’>ゲート前<19’>小休(5’)<7’>台地へ<1:18>昼食(56’)<23’>林道へ<24’>ゲート前<2’>1:10PM 高速先着(10’)
◎帰路:26’ 【移動26’,休み0】
高速先発 1:20PM<23’>NB<3’>1:46PM 自宅着
◎合計:4:52 【移動3:28,休み1:24】

◎服装:シューズ:モンベルトレイル
◎その他:水分:ココナツシュガー10g in 水500ml
<概要>

登山の楽しみ トップへ
posted by sanjin at 19:22 | Comment(0) | 登山随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする