ス ポンサードリンク

2017年08月03日

アトピー対策

17年8月3日(木)  曇

170823リンク未接続訂正


記事更新のお知らせ

今から8年余り前、2009年の2月ごろ、祖母傾縦走を目指してジョギングを始めたところ、運動後湿疹を生じた。
繊維アレルギーと鍋山の湯
当時はそれを初おろしのトレーニングウェアによるただの繊維アレルギーだと思ったのだが、今ではアトピーの始まりだと判断している。

原因は繊維アレルギーもあるだろうが、別のウェアでもちょっと走ると湿疹が発症した。
つまり主因は「運動」だということになる。
調べてみると、「過度な運動」もアトピーの原因になるとのことだ。

私にとって「過度な運動」とは何か:それは走ることだと思う。
ちょっとでも走るとふくらはぎ辺りがモゾモゾして、湿疹が生じる。

それでそれ以来走ることは止めた。
その代わり早足で歩くことにした。


治療の最初は薬剤師の勧めで、ステロイドの塗り薬であった。
範囲が広いので、大き目の薬を勧められた。

それに従って両ふくらはぎに広範囲に塗布すると覿面に効果があり、
ふくらはぎの炎症は見事に治まった。

だがそれと同時に湿疹は全身に広がってしまった。
直ちに使用を中止し、経過を見ているとふくらはぎ以外の炎症は治まったが、ふくらはぎの湿疹は戻ってしまった。

薬剤師の勧めに従ったのが間違いだと思った。
スーパードラッグの薬剤師、権威を利用した販促が唯一最大の目標だろうから、まともに話を聞く方がおかしい。

そこでそれ以外の治療法を試してみた。

最初に取り組んだのは「温泉療法」だった。
効果のある温泉を聞き、何箇所か試してみた。

入浴後は痒みも収まり、確かに効果があったのだが、
それは一時的なもので、しばらくで元に戻った。

継続的に温泉に通えばよかったのかもしれないが、
そんな暇もない。

ネットで宣伝している治療法も購入して、勧めている自然成分を飲用したり、入浴時に入れると効果があるというものを試してみたが、いつまでたっても思わしい効果はなかった。


それで湿疹に効果があることを謳った軟膏「ポリベビー」を使用した。
主に赤ちゃん用の軟膏のようだが、こちらは手軽に使えるし、湿疹もある程度収まり、痒みを抑える効果もあった。

しかし痒みがないのに漫然と使っていると効果がなくなるように感じた。


更に調べて、どうやら「どくだみ」が効果があるらしいので試してみることにした。

局方のドクダミ(ジュウヤク)10gに1.5ℓくらいの水を注ぎ、沸騰後弱火で50分ほど煎じて1ℓ程にする。
1回100cc程を1日では効果がなかったが、2回飲用すると痒みも炎症も小康状態で確かに効果があった。
これ以上の量は私には苦痛である。
こちらも長く続けているが完治するには至っていない。


先日入浴時蚊に刺されて痒い所にホットシャワーを掛けたところ、とても気持ちよく痒みも消えた。
アトピーの残っている所にも掛けたがこちらも気持ちよかった。
蚊の痒みはそれっきり収まったが、しかしアトピーの所は痒みは再発した。

思うにアトピーは一回では治らなかったが、同じ痒みだから効果があるのではないかと思った。
温泉療法もこの種の温熱療法の一種だと思われる。


アトピーに温熱療法が有効なら、徹底して高温のサウナではどうだろうかと考えた。
それでアトピーのサウナ療法があるかどうかを検索したところ、次のサイトが見つかった。
サウナと健康日記

それによるとサウナの中でもアトピーに特に効果があるのは「50℃前後の低温の遠赤外線サウナ」。
これはアトピー以外にも、例えばガンにも効果があるそうだ。

高温サウナは高血圧・心臓病や高齢の方には危険だと言う。

そこで別府でサウナの設備のあるところを検索したところ、「やまなみの湯」と「かっぱの湯」の2件がヒットしたが、
前者は高温サウナと分ったのでパス。

後者に行ってみた。
実際に入ってみると温度は80℃を越え、ここも高温。
水風呂で冷やして退散した。
別府は所詮観光地、治療のための温泉施設など期待する方が無理だった様だ。

大分県内ではどうかと探してみた。
九州・沖縄サウナ設置店|サウナ攻略サイト
上のサイトで調べてみると低温遠赤外線サウナが確認できたのは日田市の「なごりの湯」一件のみだった。
しかしここはもう移転して新しい旅館になり、同じ施設があるかどうかは判然としない。

家庭用のサウナ設備は販売されているが、購入する経済力はない。
結局ホットシャワーを続けてみることにした。
温泉と違い、これなら毎日でも続けることが出来る。

始めてから1ヶ月以上経つが、これが意外と効果がある。
今のところアトピーの痒みに悩まされることはない。
跡も涸れ掛けている。


試してみたい方へのコメント:
ホットシャワーは効果を焦って高温にするより気長に続けるのが良いと思います。
気持ちの良い程度の温度が望ましいでしょう。
ただ火傷にはくれぐれもご注意。
現在46℃台の温度で1箇所1回当り1秒間ほど、何度か掛けています。
個人差もあるでしょうがご参考まで。


過去データアップのお知らせ

吉備山ミニ縦走160502 UL:07.7.10
鶴見岳一気登山160410 UL:07.7.05
猪の瀬戸160330 UL:07.7.02
猪の瀬戸160325 UL:07.6.30

戻る


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 17:24 | Comment(0) | 登山随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする