2020年02月18日

B8Tルート整備 @船原山200211

 20年2月11日(火)  天候:晴

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
200211船原山edit.jpg


猪の瀬戸湿原の野焼きに関連する受け持ちの作業が一段落したので、今月末までを目標に別府八峰トレイル(以下B8T)のルート整備に取り掛かろう。

まず船原山からの下りルートを改善しようと思った。
紅葉谷から上り、古い記憶に従って右手に行ってみたが、以前あったと思ったようなよいルートは見付からなかった。

戻って旧来のルートを辿ったが、多少間違ったところもあった。
昨年も感じたことだが、船原山の植生は大きく変わっていた。
前面を覆っていた笹やススキは殆ど姿を消し、表土が露出している。

食害と思われるが、今までこの山域でシカを見たことはない。
時々イノシシを見るくらいだ。
イノシシが笹などを食い荒らすとは考えられない。
やはりシカが入り込んだのだろうか。

上りに山体の柔らかいところを避けてルートを取ろうと思ったが、
最初の部分を除き、ほぼそのようにルートが付けられている。
よく覚えていないが、昨年の作業だったようだ。

「小鞍部」に上って、尾根沿いに下ったが、傾斜が急過ぎて右への適当な下降路が見つからない。
帰って地図を見るとその尾根は西に向かい、目的のところとは遠ざかっていることが判った。
すぐ右に曲がる尾根を降りる必要があったのだが、ここは在来のコースの方がよいと思われる。
途中から左寄りに尾根に近付いたり、乗ったりしながら下るルートが確定した。

下っていくと登山口から遠くないところでシカの鳴き声を聞いた。
やはりいたのだ。下草は彼らの餌になったのだ。
大雨でも降ったら山体の崩壊が起こるかもしれない。

手前にダムもあり、朝見川の谷は深いが、それで持ち応えられるだろうか。
御堂原下部と高速道への氾濫が心配される。
ただ今の所、表土がむき出しになった部分はさほど広くなく、山の上部は食害にあっていないのが救いだ。

今回の作業で、小鞍部から紅葉谷まで要所にオレンジのマーキングテープをつけた。
山林作業者のピンクのテープと間違わないように色を変えた。
このオレンジのマーキングテープを「八峰トレイル」の統一テープとしたい。

ほかのテープはそのままにしておいた。他の方の付けたテープもあるし、その目的もはっきりしないので、勝手に取り去るべきではないと思った。
ただオレンジテープと矛盾する場合には、オレンジテープを八峰トレイルのテープと思って頂きたい。

次からは浜脇の起点からから小坂の終点まで、順次要所にオレンジテープを付けていきたい。
ただ街中では紛らわしいので、その辺りは写真と説明で補充できたらと思う。


<所要時間>
◎アプローチ:1:24 【移動53’,休み31’】
自宅発 11:36AM<3’>(FMT 弁当購入 約7’)<2’>NB<8’>イセ<4’>wN北(コートoff 3’)<5’>开<10’>堀田CR<4’>高速上(GPSon・軽食△まぐろ// 21’)<14’>G<3’>1:00PM 船原山紅葉谷登山口着
◎往路:1:43 【移動1:42,休み1’】
船原山紅葉谷登山口発 1:00PM<1:06>(小休1’)<36’>2:43PM 小鞍部着
◎小鞍部域:12’ 【移動12’,休み0】 西尾根探索
◎復路:1:48 【移動1:45,休み3’】
小鞍部発 2:55PM<26’>(GPSセル交換3’)<1:19>4:43PM 船原山紅葉谷登山口着
◎帰路:45’ 【移動45’,休み0】
船原山紅葉谷登山口発 4:43PM<15’>高速上<30’>5:28PM 自宅着
◎合計:5:52 【移動5:17,休み35’】

<装備>
◎ザック:3.4k,サイドバッグ:1.1k,造林鎌0.7k 計5.2k
◎服装:TRボクサーKSGR?,MB半袖KSBK,カジュアルロングパンツLG,山用長袖WTKS,山用ロングパンツLG,フード付防風コートBR,カジュアルキャップ


登山の楽しみ トップへ

posted by sanjin at 12:50 | Comment(0) | 別府八峰トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

大平山200109

20年1月9日(木)  快晴・北西の寒風〜5mps

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
大平山200109scale.jpg

今日もよく晴れていて、気温もまあまあだ。
<(1) 快晴><(2) 最初の上り>
1 今日も快晴DSC06745.JPG
2 最初の上り DSC06746.JPG

しかし山頂に近づくとやや強い北西風が吹いてきた。

山頂に着いて、写真を撮ってすぐに下山。
<(3) 山頂は8℃><(4) 別府市街地>
3 山頂は8℃ DSC06748.JPG
4 別府市街地DSC06749.JPG


<(5) CV地点>
5  CV地点DSC06752.JPG
今日は誰もいなかった。
みんな賢いなあ。


<記録>
(凡例)CV:カーブ地点,AP3:見かけのピーク3番目
登山口近道下近道上CVAP3△点前山頂
月日発時刻スプリットタイム(分)着時刻天候
1/914:1710233647525715:14快晴・寒風
1/214:25112549545815:23快晴



<所要時間>
◎アプローチ:42’ 【移動33’,休み9’】
自宅発 1:35PM<33’>2:08PM桜の園南登山口(9’)
◎往路:56:00 【移動56:00,休み0】
桜の園南登山口発 14:17:03<9:20>近道下14:26:23<13:30>近道上14:39:53<12:36>CV14:52:29<10:54>AP3 15:03:23<5:00>△点前15:08:23<4:50>15:13:13 山頂着
◎山頂?:1’ 【移動0,休み1‘】
◎復路:39’ 【移動32’,休み7’】
山頂発 3:14PM<14’>(TPセット4’)<16’>(TP収納2’)<6’>3:50PM 林道着(マスクon 3’)
◎帰路:33’ 【移動33’,休み0】
林道発 3:53PM<33’>4:26PM 自宅着
◎合計:2:51 【移動2:34,休み17’】

<装備>
◎ザック:モンベルアイアン18
◎サイドバッグ:モンベル山用
◎服装:BVDボクサーDG・KS,BVD丸首半そでシャツ,山用ソックス厚GB,カジュアル長パンツLG,カジュアル長袖シャツWT,カジュアルキャップ


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 21:38 | Comment(0) | 登山随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

大平山200102

20年1月2日(木)  快晴

今年初の登山は近場の大平山。
ここはトレーニングと体力チェックによい。
今年の目標は上り45分。
今日はどれ位で上れるだろうか。

午後に自宅発、いつもの桜の園登山口から上る。
よく晴れている。

<01 大平山全景><02 最初の上り>
01 大平山全景DSC06718.JPG
02 最初の上りDSC06721.JPG

<03 窪地を越えて><04 桜の園南端>
03 窪地を越えてDSC0672.JPG
04 桜の園南端DSC06726.JPG

近道を3人ほどが登っている。
近道下まで来ると、北の防火帯を通って2人がこちらへ向かっている。

<05 近道下分岐の盛上り><06 北の防火帯>
05 近道分岐の盛上りDSC06727.JPG
06 北の防火帯DSC06728.JPG

今日は正月休みで、上る人も多いようだ。

<07 近道>
07 近道DSC06729.JPG
近道を登っていると、中間あたりで知り合いのKKさんに出会った。
2年振りだ。
元気で山行を続けているようだ。
ダブルストックだから腕も鍛えられるだろう。

上の防火帯に出って振返ると、近道を上ってくるダブルストックの男性がいた。
カーブ地点近くまで来たとき、トレランの男性が駆け降りてくるところだった。
「すごいなあ」と言うと、微笑んで緊張が解けたのかスリップしたが、バランスは崩さなかった。
流石だなあ。
カーブ地点に着くと、ダブルストックの男性はすぐ下を上っていた。

3番目の見かけのピークの辺りで降りてくる男女2人に出会った。
山頂には誰もいなかったから、降りてくるのに出会った計3人は近道を登っていた人たちだろう。

<08 山頂に近づく(1)><09 山頂に近づく(2)>
08 山頂に近づく(1) DSC06731.JPG
09 山頂に近づく(2) DSC06732.JPG

今日は上りに58分かかり、目標の45分まではまだ遠い。
山頂はよく晴れてはいたが、遠景は霞んでいた。

<10 日出方面><11 市街地方面>
10 日出方面DSC06734.JPG
11 市街地方面DSC06736.JPG

<12 パノラマ>
12 パノラマDSC06742.JPG

山頂から少し下の平らな石の上で休んでいると、先の男性が上ってきた。
挨拶をして山頂に行って写真を撮り、ダブルストックを片手に持ってすぐ下って行った。

そのすぐ後に私も下ったのだが、その男性の姿はどこにも見えない。
相当早く下って行ったのだろう。

林道の方に下った。
(Tさんはいなかった。まだ正月休みだな。)
正月でダンプもいなかったので、砂埃も起たなかった。


<所要時間>
◎アプローチ:35’ 【移動30’,休み5’】
自宅発 1:50PM<30’>2:20PM 桜の園南登山口着(5’)
◎往路:58’ 【移動55’,休み3’】
桜の園南登山口発 2:25PM<11’>近道下(1’)<13’(加藤さんに出会う)>近道上2<7’>マウント(2’)<20‘>三角点前<4’>3:23PM 山頂着
◎山頂:10’ 【移動0,休み10’】
◎復路:30’ 【移動30’,休み0】
山頂発 3:33PM<21’>近道上<9’>4:03PM 林道登山口着
◎帰路:35‘ 【移動33’,休み2’】
林道登山口発 4:03PM<35’(内休み2’)>4:38PM 自宅着
◎合計:2:48‘ 【移動2:27,休み21’】

<装備>
◎ザック:3.1k(常用3種・タオル・携帯食・PS・お茶ペット400ml)
◎サイドバッグ:1.1k(常用・カメラ)
◎服装:BVDボクサーKSBK・MB半そでKSBK・山用ソックスBD・山用パンツLG・山用長袖KSWT・フード付長袖GR・ハットGRN
◎その他:タオルハンカチ・手袋BK薄


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 18:31 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

大平山191228

19年12月28日(土)  晴

冬の大平山を上った。
手前から見ると、山腹はベージュ色に染まっていた。
<01 車道より大平山><02 取り付き>
01 車道より大平山DSC06689.JPG
02 取り付きDSC06693.JPG

週末なので何人かの人々が上ったり、下ったり、遊歩道を辿ったりしていた。
<03 下の防火帯><04 緩い上りが続く>
03 下の防火帯DSC06694.JPG
04 緩い上りが続くDSC06698.JPG

今の能力を測る為、出来るだけ休みなく歩いた。
<05 腰掛石><06 石切り場>
05 腰掛石DSC06699.JPG
06 石切り場DSC06700.JPG

<07 山頂へ><08 ゴルフ場方面>
07 山頂へDSC06702.JPG
08 ゴルフ場方面DSC06705.JPG

山頂までちょうど1時間かかった。
山頂の温度は5℃、風はないが寒かった。
<09 山頂石><10 気温は5℃>
09 山頂石DSC06706.JPG
10 気温は5℃DSC06707.JPG

長居は無用と直ぐに下った。
<11 下りへ><12 三角点前>
11 下りへDSC06709.JPG
12 三角点前DSC06710.JPG

<13 マウント上><14 近道上より俯瞰>
13 マウント上DSC06712.JPG
14 近道上より俯瞰DSC06713.JPG

近道上から防火帯を辿り、南の林道登山口に下りた。
<15 一本櫟><16 林道登山口へ>
15 一本櫟DSC06714.JPG
16 林道登山口へDSC06715.JPG

<17 舗装路を振返る>
17 舗装路を振返るDSC06716.JPG
林道は土石流対策のための堰堤工事が行われているため、道路はよく整備されている。

ゲートには4週に8日の休みと書かれていて、今日は作業はされていなかった。
おかげでダンプから砂塵を浴びることもなかった訳だ。

南の林道は防衛庁用地とかで、「立ち入り」禁止になっていたが、
「立ち出で」はどうなのか分からない。
しかし禁止の対象は「特に二輪車を含む車両」だと書かれていた。
歩行者は大目に見るのだろう。


<所要時間>
◎アプローチ:47’ 【移動47’,休み0】
自宅発 1:47PM<33’>桜の園南登山口(14')
◎往路:1:00 【移動59’,休み1’】
上りST 2:34PM<10’>近道下(1’)<13’>近道上<31’>三角点前<5’>3:34PM山頂着
◎山頂:3’ 【移動,休み3’】
◎復路:36’ 【移動35’,休み1’】
下りST3:37<23’>近道上<12’(うち休み1’)>南林道着4:13PM
◎帰路:41’ 【移動41’,休み0】
南林道4:13<41’>4:54PM 自宅着
◎合計:3:07 【移動3:02,休み5’】

<装備>
◎ザック:3.3k(救急セット・SC上下・食物・外付け:TP・GPS)
◎サイドバッグ:1.1k(外付け:カメラ)
◎服装:BVDボクサーGR,MB半袖KS・BK,MBタイツKS・BK,長袖中着化繊WT,山用パンツ長LG,山用ソックスGB破,asicsトレーナー,ハット・モスグリーン
◎その他:タオルハンカチ、手袋中厚滑り止BK,タオル白


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 21:27 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする