2020年04月10日

大平山200409

20年4月9日(木)  晴


前回は強風で阻まれたので、今日は記録更新を狙って出かけた。

しかし体が重く、歩調がはかどらなかった。


登山口から上は写真を撮る外は特に休むことなく上ったが、タイムは何と前回と同じだった。

呼吸を整えるために立ち止まるのが多かった。


しかし外気は暑からず寒からず、登山日和ではあった。


平日だけあって、出会ったのは近道上で下ってくる男性一人だけであった。


山頂からは北方の斜面は山桜が美しかった。


下りに気づいたが、野焼きの燃え殻は上方の防火帯の草むらに残っていた。


<(01) 野焼き5日後の大平山>

(01) 野焼き5日後の大平山DSC07383.JPG


<(02) 芽吹きが進んでいる>

(02) 芽吹きが進んでいるDSC07384.JPG

<(03) 自衛隊用地も野焼き>

(03) 自衛隊用地も野焼きDSC07386.JPG

自衛隊の敷地内の演習場も野焼きされていた。


<(04) 谷状地の野焼き跡>

(04) 谷状地の野焼き跡DSC07390.JPG

山桜は盛りを過ぎ、前方の谷状地は鮮やかな黒。


<(05) 近道全景>

(05) 近道全景DSC07393.JPG

全体が良く見える。


<(06) 近道上方>
(06) 近道上方DSC07395.JPG

もう少しだ。


<(07) 草花の開花>

(07) 草花の開花DSC07397.JPG

スミレの他に2種。


<(08) 山桜の大木を振り返る>

(08) 山桜の大木を振り返る DSC07405.JPG

まだ満開に近い。


<(09) 山頂標遠景>

(09) 山頂標遠景DSC07408.JPG

新しい山頂標識は遠くからもよく目立ち、色合いも良い。


<(10) 鮮やかなT字路>

(10) 鮮やかT字路zoom DSC07410.JPG

路面の白が目立つ。


<(11) 鍋山の山桜>

(11) 鍋山の山桜zoom DSC07411.JPG

鍋山方面も良く咲いている。


<(12) 日の当たる野焼き跡>

(12) 日の当る野焼き跡DSC07414.JPG

日が当たると野焼き跡は彩度が上がる。



<記録>

(凡例)CV:カーブ地点,AP3:見かけのピーク3番目

 登山口近道下近道上CVAP3△点前山頂 
月日発時刻スプリットタイム(分)着時刻天候
4/914:2810233650
55
6015:28快晴・弱風
4/515:419263950
55
6016:41快晴・強風
1/914:1710233647
52
5715:14快晴・寒風
1/214:251125 4954
58
15:23快晴


<所要時間>

◎アプローチ:39’ 【移動30’,休み9’】

自宅発 1:49PM<16’>鶴見橋下<14’>2:19 桜南登着(9’)

◎往路:1:00 【移動1:00,休み0】

桜南登発 2:28PM<23’>近道上<37’>3:28PM 山頂着

◎山頂?:12’ 【移動0,休み12’】

◎復路:48’ 【移動26’,休み22’】

山頂発 3:40PM<26’>4:06PM 林道着(22’)

◎帰路:36’ 【移動36’,休み0】

林道発 4:28PM<10’>ゲート<6’>自衛隊前<20’>5:04PM 自宅着

◎合計:3:15 【移動2:32,休み43’】


<装備>

◎荷重:ザック:3.8k(ヘッドカバー), サイドバッグ:0.9k, 計4.7k

◎服装:TRボクサーGR, BVD半袖WT, 山用長パンツ, 山用長袖WT, 山用ソックスGABOX, カジュアルキャップ, サロモンローカット, タオルハンカチ, 手袋滑り止めLG

◎食料消費:水約140ml, 塩トマト4粒, しょうがのど飴2個, キシリクリスタル2個, QE 1B






posted by sanjin at 19:32 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

大平山200405

20年4月5日(日)  快晴

訂正(下線部)

出かけるとき大平山を眺めると真っ黒。
いつの間にか野焼きされている。

一瞬迷ったが乗りかけた船、出かけることに。

(帰宅後調べたところ、温泉祭りは延期されたが、大平山は昨日午後焼きされたようだ。)
戻る

車道から眺めると

<01 野焼き後の大平山>

(01) 昨日野焼きされた大平山zoom DSC07348.JPG

桜も満開に近く、風に吹かれてヒラヒラ舞っている。

登山口手前で花見に行く知人と会って立ち話。


<ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)>

200405大平山scale.jpg


<02 春の光>

(02) 春の光DSC07352.JPG

登山口から上ると、春の草原が輝いている。


<03 桜の園沿いに上る>

(03) 桜の園沿いに上るDSC07354.JPG

桜を眺めながら上る気分は緊張がほぐれる。


外人が混じった数人のグループが下りてくるところに出会った。

先には2人の男女が上っている。

今日は花見気分で人手が多めだ。


<04 野焼き跡の間を上る>

(04) 野焼き跡の間を上るDSC07355.JPG

近道下から野焼きの間を上る。視界が開けて快適だが、風が強くなった。

高度が上がるにつれて、北西の風が強くなる。


これでは体温が奪われそうだと、近道上で風除けにストームクルーザーを着込むが、風に煽られて手こずる。

向かい風に向かって上る。

三角点付近でトレランの青年が追い越して行った。


<05 温度は低くない>

(05) 温度は低くないのだがDSC07359.JPG

山頂に上がって温度計を見ると、温度自体はさほど下がっていない。


<06 新しい山頂標>

(06) 新しい山頂標DSC07360.JPG

山頂標が新しくなっていた。


周囲の眺めも、野焼きのためか、今日の晴天のためかコントラストが良い。

<07 鍋山方面>

(07) 鍋山方面DSC07361.JPG

<08 日出方面>

(08) 日出方面DSC07362.JPG

<09 高平山方面>

(09) 高平山方面zoomDSC07366.JPG


<10 上弦過ぎの月>

(10) 上弦過ぎの月DSC07367.JPG

ちょっと見えにくいが、上方に12日の月が見える。


<11 高崎山方面>

(11) 高崎山方面(自動修正)DSC07368.jpg

<12 山頂下>

(12) 山頂下DSC07369.JPG

<13 市外地南部>

(13) 市街地南部(自動修正)DSC07370.jpg

やがて先の男女のペアも上ってきて、北の方へ下れるのかと訊く。

へびん湯の上に下りるルートがあることを伝える。


<14 下山路>

(14) 下山路DSC07371.JPG

下山路も明るい。

気持ちよくなって小走りで下る。


<15 ゴルフ場方面>

(15) ゴルフ場方面DSC07372.jpg


<16 山桜の大木>

(16) 山桜の大木DSC07373.JPG

ちょうど満開のころだ。

山頂から少し下がったところ・標高約720m。


<17 一本櫟の芽吹き>

(17) 一本櫟の芽吹きDSC07379.JPG

写真では逆光で見難いが、肉眼では芽吹きが見えた。

林道まで30分もかからなかった。


戻って硯水の様子を見に行く。

<18 硯水>

(18) 硯水DSC07380.JPG

<19 オタマジャクシ>

(19) オタマジャクシ(自動修正)DSC07381.jpg

水の中にはたくさんの黒いオタマジャクシがいるのだが、写真では見え難い。


林道に戻り、堰堤工事のため新しく付け替えられた林道を下って帰宅した。


不思議なことに野焼きの翌日なのに燃え殻が全く飛んでこなかったし、衣服などにも付いていない。

強風のために既に吹き飛ばされたのだろうか、それとも風向きのためだろうか。


<記録>

(凡例)CV:カーブ地点,AP3:見かけのピーク3番目

 登山口近道下近道上CVAP3△点前山頂 
発時刻スプリットタイム(分)着時刻天候
4/515:419263950556016:41快晴・強風
1/914:1710233647525715:14快晴・寒風
1/214:251125 49545815:23快晴



<所要時間>

◎アプローチ:43’ 【移動30’,休み13’】

自宅発 2:58PM<23’>県道西<17’(内立ち話約10’)>3:38PM 桜の園南登山口着(準備約3’)

◎往路:1:00 【移動54’,休み6’】

桜の園南登山口発 3:41PM<20’>近道上(6’)<34’>4:41PM 山頂着

◎山頂:18’ 【移動0,休み18’】

◎復路:29’ 【移動28’,休み1’】

山頂発 4:59PM<28’>5:27PM 林道(小休1’)

◎帰路:52’ 【移動52’,休み0】

林道発 5:28PM<硯水回り13’>再林道<11’>林道ゲート<6’>県道東<22’>6:20PM 自宅着

◎合計:3:22 【移動2:44,休み38’】


<装備>

◎荷重:ザック(ソーカー28):4.2k, サイドバッグ:0.9k, 計5.1k

◎服装:TRボクサー・BVDTシャツ・山用長パンツLG・山用山袖シャツWT・山用靴下GABOX・手袋滑り止めLG

◎食料消費:PA, QE, CM, しょうがのど飴2, キシリクリスタル2, 塩トマト2, 半ポ 約60g






posted by sanjin at 20:05 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする