2021年02月15日

大平山210211

21年2月11日(木) 曇

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
ルートマップ大平山・間引きscale.jpg


<(1) 曇天下の大平山>
(1) 曇天下の大平山DSC08281.JPG
今日は曇り天。

<(2) 日は鶴見の山の端に>
(2) 日は鶴見の山の端にDSC08282.JPG
出発が遅れたので日は早、山の端にかかっている。


防火帯手前で下ってくるSさんに出会う。
石楠花尾根経由で内山に上り、塚原温泉まで往復したそうだ。
「キチー」と言って、上体を曲げた。
午後から上る様だから4時間ほどで塚原まで往復、ほとんどトレランのペースではないか。

私の方は今日もペースが上がらない。
インターバルの積りで、時々立ち止まりながら上ったが、タイムは上がらない。
昨日の早朝雨が降ったのか、地面は少し湿っている。
復路は要注意だ。

<(3) 滑らかな山腹>
(3) 滑らかな山腹DSC08283.JPG
急斜面を過ぎてCV上から眺める山腹は曇天ながら春の暖かさを感じる。

<(4) AP3付近の上り>
(4) AP3付近の上りDSC08285.JPG
AP3(見かけのピーク3(Apparent Peak No.3))位まではなだらかな上りが続く。

<(5) 石切り場?>
(5) 石切り場?DSC08286.JPG
この辺りには切り出されたと見られる石柱が何本かある。
山頂に運んで標柱にすればどうだろうか。

<(6) QP台地>
(6) QP台地へDSC08287.JPG
三角点のある台地QP(準ピーク(Quasi Peak))に上ると山頂は近い。


山頂付近からの眺めは霞んでいる。
<(7) 別府湾方面><(8) 日出方面>
(7) 別府湾方面DSC08288.JPG
(8) 日出方面DSC08289.JPG

<(9) 温度計>
(9) 温度計DSC08290.JPG
山頂でも気温は7℃。
暖かくなったなあ。


<(10) AP2付近の下り>
(10) AP2付近の下りDSC08292.JPG
下りも上部は快適だ。


急斜面の下りで滑りやすいところはインヤンさんの走り方を参考にして、足底前半部で着地して下った。
うまくやるには膝を少し曲げ、大股にならないようにすることがコツのようだ。

<(11) 近道の下り>
(11) 近道の下りDSC08294.JPG
近道を下って登山口へ。


ショッピングを終えて帰宅する頃にはすっかり日が暮れていた。


<所要時間>
◎アプローチ:59’ 【移動29’,休み30’】
自宅発 2:46PM<13’>(知人宅20’)<9’>県道上<5’>(イカリジン散布2’)<ショートカット経由2’>3:37PM 桜の園南登山口着(小休8’)
◎往路:1:01 【移動1:01,休み0】
桜の園南登山口発 3:45PM<1:01>4:46PM 山頂石
◎山頂:12’ 【移動0,休み12’】
◎復路:41’ 【移動33’,休み8’】
山頂発 4:58PM<33’>5:31PM 登山口着(8’)
◎帰路:56’ 【移動36’,休み20’】
登山口発 5:39PM<6’>県道下<4’>(TRショッピング20’)<4’>県道下<22’>6:35PM 自宅着
◎合計:3:49 【移動2:39,休み1:10】

<装備など>
◎ザック:4.7k, サイドバッグ:1.2k
◎服装:トレーナー⇒ウォームグレイ,サロモントレッキングローカット
◎食品消費:塩トマトN5,しょうがのど飴3,キシリクリスタル2,
Gダカラ 約180g


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 11:45 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

大平山210207

21年2月7日(日)  北の風・快晴・もや

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
ルートマップ大平山・間引きscale.jpg


<(1) 今日も晴天><(2) 登山口より>
(1) 今日も晴天DSC08266.JPG
(2) 登山口よりDSC08267.JPG


桜の園南登山口で昼食、その間若い父親とその息子さんの2人が先行した。
その後男性の登山者がやってきて靴紐を締め直していた。

私が先行するが、途中で追い越された。
付いて行ったが、近道で次第に差がついて、近道上では防火帯の右端を上って行かれたが、大分離された。

山頂に着いたときには誰もいなかった。
石橋まで行ったか、周回か。

<(3) 別府湾>
(3) 別府湾DSC08269.JPG
今日は晴天ながらもやっている。

<(4) 高平山方面><(5) 下山路方面>
(4) 高平山方面DSC08271.JPG
(5) 下山路方面DSC08272.JPG


そのうちKさんが現れた。
病気療養中と聞いていたが、ほぼ回復してリハビリ中とのこと。

さらに若いペアと、もう一人誰かと思ったらSさんだった。
Sさんは直ぐ折り返し、もう一度上るとのこと。
Kさんから今時珍しくビスコをもらった。

下りはKさんが先に、続いてペアも、最後に私が降りて行った。

下りは途中で3人を越し、(たぶん近道で)上ってくるSさんに出会い、登山口でコートを脱いで、身支度を整えて3:40までの積りで上り返した。
近道下で下ってくるKさんに出会って、近道上まで上ると伝えた。

近道上で下ってくるSさんを見て、折り返すと近道に入って間もなく追い付かれた。
「女の人は降りたか」と聞かれたので、「はい」と答え、先行してもらった。
そのまま下り、登山口でストックを収納して帰途に就いた。

1月末まで2回ほど演習場内で登山道近くにまで見られた人型の標的はなくなっていた。
演習の目的を終えたのだろう。


今日はよく運動したのでどうだろうかと体組成計で測ってみたら、体脂肪増加・筋肉量減少。
思うに最近のデスクワークと冬籠りの影響は1日くらいの運動では解消しないのだろう。
確かに脚力の低下も感じられた。


<所要時間>
◎アプローチ:1:05 【移動38’,休み27’】
自宅発 12:50PM<3‘>FMT(4’)<24’>県道上<11’>1:32PM 桜の園南登山口着(23‘)
◎往路1:1:03 【移動59’,休み4’】
桜の園南登山口発 1:55PM<20’>近道上(2’)<15’>CV上(2’)<24‘>2:58PM 山頂着
◎山頂:32‘ 【移動0,休み32’】
◎復路1:35’ 【移動27’,休み8’】
山頂発 3:30PM<27’>3:57PM 登山口着(8’)
◎往路2:28’ 【移動27’,休み1’】
登山口発 4:05PM<27’>4:21PM 近道上着(1’)
◎復路2:17’ 【移動13’,休み4’】
近道上発 4:33PM<13’>4:46PM 登山口着(4’)
◎帰路:27’ 【移動27’,休み0】
登山口発 4:50PM<27’>5:17PM 自宅着
◎合計:4:27 【移動3:11,休み1:16】

<装備等>
◎ザック:4.3k, サイドバッグ:1.2k
◎服装:山行標準
◎食品消費:キシリクリスタル3-2=1,しょうがのど飴4-2=2,Gダカラ631.5-422.5=209(g),塩トマトN7-2=5,△結び(塾シャケ・南高梅)2


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 16:12 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

大平山210131


21年1月31日(日) 快晴

210211記事を追加しました:挿話

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
ルートマップ大平山・間引きscale.jpg

(注) 赤線は上り、薄緑線は下り、灯火シンボルは撮影点で右の(数字)は写真番号

アプローチは北ルートだが、ショッピングの道へ入ってしまい、途中から修正。

<(1) 今日の大平山>
(1) 今日の大平山DSC08253.JPG
快晴ながら北寄りの風が寒い。

<(2) ショートカット>
(2) ショートカットDSC08254.JPG
ショートカットを通る前に足元にイカリジンを散布して、マダニに備える。

桜南登山口で昼食を摂って、出発。

<(3) 近道下><(4) 近道上>
(3) 近道下DSC08255.JPG
(4) 近道上DSC08256.JPG

山道は冬枯れで枯れ草ばかり、夜は凍結するのだろう。
地肌は水分を含み、滑りやすそう。
下りに見事スリップダウン。
<(5) AP1マウント><(6) カーブ地点>
(5) AP1マウントDSC08257.JPG
(6) カーブ地点DSC08258.JPG

AP3地点まで来ると市街地の展望がよい。
<(7) AP3に上る><(8) 市街地北部>
(7) AP3に上がるDSC08259.JPG
(8) 市街地北部DSC08260.JPG

<(9) 日出方面>
(9) 日出方面DSC08261.JPG
三角点の前から日出方面を眺める。

<(10) 別府湾>
(10) 別府湾DSC08263.JPG
山頂付近から別府湾。
もやがかかっている。


山頂で休んでいると今日もトレランの青年が上ってきた。
タイムを尋ねると30分とのこと。
これくらいで上れるといいな―今日の自己タイムは58分で遠く及ばない。
目標の45分にもまだまだ遠い。


<挿話:レンジトラブル>

このところ、電子レンジの不具合に悩まされていた。
購入後保障期限の5年は過ぎ、6年目が近い。
電気製品はこの頃トラブルが多い気がする。

スイッチを押してもなかなかスタートしない。
時には10数回押し直してやっとスタートすることも。
それにやっとスタートしても途中で止まることも多い。

以前同じM社のレンジでタッチパネルが数年で故障したことがあった。
今回もその故障か?―まだ改善されていなかったのか。
便利な機能がついているので選んだのだが、失敗だったか。

この日の夕方だったか、ふとレンジのドアに触れたとき、カチッと音がした。
ドアが緩んでいたのだ。
ドアを押しながら操作するとスムーズにスタートとする。
しかしドアから手を離すと、止まってしまう。

これで原因が判った。
ドアの緩みでスイッチが入らなかったのだ。
どうしよう?―そこで思い付いたのが、マジックテープだ。
マジックテープを貼って、テープを押すとスムーズにスタート。
取り出すときはマジックテープを外す。
一手間増えたが、これで一件落着。


<(11) テープを開ける><(12) テープを閉じる>
(11) テープを開ける(改)DSC08273.jpg
(12) テープを閉じる(改)DSC08273.jpg


思うに不具合の遠因は私の雑な操作にあるようだ。
ドアを開け閉めするとき、弾みをつけてバタンと閉める習慣がある。
丁寧に送ってカチッと閉めたら、問題は起きなかったのだろう。
メーカーはこんな雑な顧客まで対応し切れなかったということか。
戻る


<所要時間>
◎アプローチ:57’ 【移動38’,休み19’】
自宅発 12:59PM<3’>FMT(1’)<北ルート・遠回り26’>県道上<5’>(イカリジン散布1’)<ショートカット経由4’> 1:39PM桜南登着(17’)
◎往路:58’ 【移動58’,休み0】
桜南登発 1:56PM<58’>2:54PM 山頂着
◎山頂:15’ 【移動0,休み15’】
◎復路:47’ 【移動41’,休み6’】
山頂発 3:09PM<35’>近道下<6’>3:50 桜南登着(6’)
◎帰路:24’ 【移動24’,休み0】
桜南登発 3:56PM<7’>県道下<北ルート17’>4:20PM 自宅着
◎合計:3:21 【移動2:41,休み40’】

<装備>
◎ザック:4.0k, サイドバッグ:1.2k
◎服装:山行標準
◎食品消費:△結び2(熟シャケ・南高梅),キシリクリスタル1,しょうがミルクのど飴1,塩トマトN2,Gダカラ 約220(g)


登山の楽しみ トップへ

posted by sanjin at 16:02 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする