2014年12月19日

別府一周遊歩道(3)(杉乃井〜明礬)140629

14年6月29日(日) 晴

<ルートマップ(カシミール3D使用)>
別府一周遊歩道(3)140601RM2level15.gif

今日は杉乃井から。
三叉路を少し登ると杉乃井の施設の途中に6km地点の案内板。
市道を上ると高速道を渡る手前に一気登山道と合流して直ぐ7km地点の案内板。
<01.案内板061杉乃井><02.案内板071高速道手前>
01.IMGP5586案内板061杉乃井.jpg02.IMGP5587案内板071高速道手前.jpg

橋を渡って右側に「石垣原合戦」の看板があった。
<03.「石垣原合戦」看板><04.看板の説明文>
03.IMGP5589「石垣原合戦」.jpg04.IMGP5589看板の説明文.jpg

<05.堀田分岐・左を登る>
05.IMGP5590堀田分岐・左を上る.jpg直ぐ上の分岐は左の上りへ。

右手の路傍に可憐な花が見られる。
<06.ムラサキカタバミ><07.ペラペラヨメナ?>
06.IMGP5591ムラサキカタバミ.jpg07.IMGP5593ペラペラヨメナ?.jpg

一気登山道になっている坂道を上りきると、T字路に出合う。
<08.案内板072堀田T字路><09.一気登山道の看板>
08.IMGP5594案内板072堀田T字路.jpg09.IMGP5595「一気登山」の看板.jpg

右折して右手の平坦路を進む。
細道が右に曲がると、滝の音が聞こえるようになり、曲折して下ると平坦地に降りつく。
<10.滝の東を下る><11.平坦地に降りつく>
10.IMGP5596滝の東を下る.jpg11.IMGP5598平地に降り着く.jpg

<12.案内板073白糸の滝前>
12.IMGP5603案内板073白糸の滝前.jpg車道に出ると案内板がある。

左に上ると、右に白糸の滝温泉の駐車場、左にヒノキ林を見て直ぐ平道になり、県道に出会うと右折して右手の歩道を進む。
歩道が狭いので足元と車に注意。
板の平三叉路、別府IC入口、境川に掛かるやや長い扇山橋を過ぎると、上りになり、左手に広い道が登っている。
横断歩道はないので、車に気をつけて県道を左に渡り、直ぐの分岐は左の広道を上る。
<13.県道を渡って左に上る><14.直ぐの分岐は左へ>
13.IMGP5609県道を渡って左へ上る.jpg14.IMGP5610直ぐの分岐は左へ.jpg

<15.広場を抜ける>
15.IMGP5612広場を抜ける.jpgやがて広い舗装路は終わり、ダートの林道が始まり、広場を抜ける。

高いダムの手前に9km地点の案内板があり、鋭角的に右折して、直ぐにコンクリート道になるが、曲折しながら上り、道が平坦になって再びダートになると間もなく右手に山道入口の案内板を見る。
<16.案内板091右カーブ><17.案内板092山道入口>
16.IMGP5613案内板091右カーブ.jpg17.IMGP5616案内板092山道入口.jpg

山道に入る。防火帯に出ると右手に下る。
下降路は何本かあるが、防火帯の内側に入り一番左手の踏み跡を下る。
右を下ると下りすぎて上り返さなければならない。
再び防火帯に出ると左に進む。
<18.山道><19.山道右のイチゴ>
18.IMGP5617山道.jpg19.IMGP5621山道右のイチゴ.jpg

<20.谷を渡る>
20.IMGP5622谷の向うに案内板.jpg山道は広い谷状地に向う。はっきりした道は右に曲がるが、向う側に案内板を見てまっすぐ急坂を下る。
やや草深く、足場が悪いので注意。

谷を渡って上ると案内板のところに出る。ここは桜の園の南端に当たる。
左寄りに上ると、桜の林を掠めて、右手に10km地点の案内板を見る。
直ぐ右折するように表示してあるが、もう少し上って北に向う広い防火帯の上端に上る。
ここは山頂に上る近道の取付きに当たる。
<21.案内板093桜の園南端><22.案内板101桜の園南西端>
21.IMGP5625案内板093桜の園南端.jpg22.IMGP5627案内板101桜の園南西端.jpg

桜の園西の山麓を通る広い防火帯を北に進むと、右手に扇山ゴルフ場の管理棟も見える。
<23.山麓を北へ><24.扇山ゴルフ場の管理棟>
23.IMGP5630山麓を北へ.jpg24.IMGP5631扇山ゴルフ場の管理棟.jpg

右手足元には黄花が。
チョンチョン々々と音が聞こえてきたので何かと思ったら、バッタが飛びながら鳴いていた。
時々大きなアップダウンが見えるが、容易に通過できるので気にしなくて好い。

防火帯は桜の園の北端まで延びて、右に曲がる。
曲り角に看板があるが、おや、左に曲がるように表示しているではないか。
頭上にかざせば、正常になるが、設置者の勘違いかも。
角の石にもたれてしばし休む。
<25.右手にキバナカワラマツバ><26.谷を下って大きく上る>
25.IMGP5632キバナカワラマツバ.jpg26.IMGP5633谷に下って大きく上る.jpg
<27.道の曲り角><28.案内板102桜の園北西>
27.IMGP5636道の曲り角.jpg28.IMGP5637案内板102桜の園北西.jpg

下っていくとホオジロのさえずりが聞こえる。
下の曲り角に案内板が。ここの表示もおかしい。
上から下ってきて左に曲がるのだが、表示は下から上ってくるようになっている。
やはり頭上にかざせば正常だし、下ってくるのだから「浜脇方面は上側だ」と言えばそれまでだが、それは余りに主観的だなあ。表示は一貫性がないといけない。
<29.一筆啓上><30.案内板103桜の園北>
29.IMGP5638一筆啓上.WAV30.IMGP5639案内板103桜の園北.jpg

<31.乙姫観音>
31.IMGP5642乙姫観音.jpgさて再び北に向って左折すると、排水路の手前に「乙姫観音」がある。
水路を渡って進むと次第に草深くなる。足元で踏み跡を探りながら進む。

やがて擬似木の階段の下りになるが、ここは要注意。
ササで覆われて足元が全く見えないので、段差を足で探りながら下る。
<32.案内板104階段下>
32.IMGP5643案内板104階段下.jpg階段がほぼ終わって右に曲がるところに案内板があった。
ここだけデザインが違う。

向きを変えて進むと小さな谷に差し掛かる。
谷沿いに右の下りが見えているが、真直ぐはブッシュで見えない。
ここは谷に下っていはいけない。真直ぐブッシュに突っ込む。
ササのブッシュの中を下ると直ぐに林道終点に降りつく。

右手に草に埋もれて案内板が見える。
草を除けると案内板が現れたが、表示板は支柱の少し下にズレ落ちている。
引き上げると、おや後ろに距離表示が現れた。正常な位置に降ろして固定した。
<33.案内板111林道終点><34.山道を振返る>
33.IMGP5644案内板111林道終点.jpg34.IMGP5645山道を振返る.jpg

<35.林道を登る>
35.IMGP5646林道を上る.jpg左に林道を上る。

林道はへびん湯に向う林道に出合う。
右に向うと直ぐに左手に恵比寿神社の鳥居がある。
こんな山中に海の神様?この近くまで海岸が迫っていたという説もあるがちょっと信じ難い。
<36.案内板112林道出合><37.恵比寿神社鳥居>
36.IMGP5647案内板112林道出合.jpg37.IMGP5648恵比寿神社鳥居.jpg

<38.案内板121草原の中>
38.IMGP5649案内板121草原の中.jpg春木川の源流部を渡って東に向うと、「鶴の湯」が上から眺められるところを通る。その先を左に曲がったところに12km地点の案内板が右手に立ている。

<39.T字路右へ>
39.IMGP5650T字路右へ.jpg林道はやがてT字路に上がる。鍋山の湯に向う林道との出合いだ。

右に向うとゲートがあり、左に曲がって明礬グラウンドの右に差し掛かる。
そこに13km地点の案内板がある。可愛そうなほど汚れていてしかも傾いている。
草で拭いてみると汚れは落ちる気配。時間を掛ければ落せるだろう。
ここは遊歩道の中間地点に当たる。
<40.案内板131明礬G前・中間点><41.明礬グラウンド>
40.IMGP5652案内板131明礬グラウンド前・中間点.jpg41.IMGP5655明礬グラウンド.jpg

明礬グラウンドを過ぎると道は左崖下の下りになり、右折する手前に前回の案内板がある。

今日新しく歩くところはここまでだが、薬師寺をもう一度調べるためにお滝場に上り、薬師寺境内に入る。
正面上に本堂と思われる伽藍がある。
<42.薬師寺境内へ><43.上に伽藍>
42.IMGP5659薬師寺境内へ.jpg43.IMGP5660上に伽藍.jpg
足元には前回も見られた清楚なカラーの花がまだ咲いていた。
左上には休憩所がある。
<44.カラー><45.休憩所>
44.IMGP5661カラー(オランダカイウ)?.jpg45.IMGP5662左上に休憩所.jpg

コンクリート歩道を進むとT字路に出合い、右に下って2つ目の左折路を下れば駐車場に行き着く。
<46.T字路><47.分岐>
46.IMGP5663T字路.jpg47.IMGP5664直ぐ下の分岐を左へ.jpg

今回は調べたいことがあって手前の左折路を入った。
まず手前の建物をよくみると「供養堂」であることが分った。
<48.手前の分岐を左へ><49.供養堂>
48.IMGP5665手前の左分岐.jpg49.IMGP5667供養堂.jpg

山道を再度良く見たけれど、やはりとても歩けそうにない。
とび湯の方に行ったけれど、その先は遊歩道らしくない。

薬師寺の方に会ったので、この先はいけますかと問うと、
「ここは地崩れが起きているので通らないでください。
駐車場の方から出て下さい。」と言われた。
内部の方の発言は重い。やはり通らないほうが良いと思う。

<50.薬師寺表口>
50.IMGP5675薬師寺表口.jpg左折路に戻って駐車場に下り、表に出て左上から薬師寺入口を写した。
薬師寺からの出口は山道ではなく、この正面からのほうが良いと思う。

<51.三叉路>
51.IMGP5676三叉路.jpg入口を通り過ぎると下って三叉路に出る。
左折すると上りになって右手「豊前屋旅館」の前を通る。

少し先には「地蔵湯」があり、その先で道は別れる。
ここは左の道を上る。
<52.地蔵湯><53.分岐を直進>
52.IMGP5680地蔵泉.jpg53.IMGP5681分岐は直進.jpg

<54.案内板133明礬>
54.IMGP5682案内板133明礬.jpg左上の歩道が下りてくる辺りに、この案内板があるが、今は案内板の×印から入って来た訳だ。
右下の矢印は左への上りで、前回は崖上の道を通り、竹薮を抜けてここに出てきたのだった。
しかし薬師寺を正面から出てくるとなると、この道は使わず、×印の道を通ることになる。

<55.鮮やかなアジサイ>
55.IMGP5685鮮やかなアジサイ.jpg更にこの道を進むと鮮やかなアジサイが未だ残っていた。

<56.「湯の里」前>
56.IMGP5686「湯の里」前.jpg湯の里前まで進んで国道500号線を渡った。

石段を下って明礬の低部の旅館街に下った。
途中左に「鶴寿泉」や「別府八湯」の看板があった。
<57.鶴寿泉><58.「別府八湯」>
57.IMGP5687鶴寿泉.jpg58.IMGP5688「別府八湯」看板.jpg

以下最短路を通って帰宅する。


<所要時間>
◎アプローチ:23' 【移動22',休み1'】
自宅発 1:08PM<22'>1:30PM杉乃井三叉路着(1')
◎遊歩道1:3:27 【移動2:02,休み1:25】
杉乃井三叉路発 1:31PM<4'>小休(18')<5'>小休(4')<17'>堀田上三叉路<1'>小休(6')<8'>小休(4')<30'>上登山口(38')<20'>近道下<15'>桜の園北西端(13')<22'>4:56PM林道着(2')
◎遊歩道2:1:19 【移動1:19,休み0】
林道発4:58PM<35'>明礬G<4'>お滝場<40'>6:17PM 湯の里着
◎帰路:59' 【移動51',休み8'】
湯の里発 6:17PM<20'(途中休み1')>照湯温泉前(7')<32'>7:16PM 自宅着
◎合計:6:08 【移動4:34,休み1:34】


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 15:09 | Comment(0) | 遊歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。