2014年12月19日

別府一周遊歩道(4)(薬師寺〜別府湾SA(再))140711

14年7月11日(金) 晴

今日の目的は2つ。
薬師寺と十文字原草原をもう一度調べること。

薬師寺について:あるサイトマウントパインドットコム・別府一周遊歩道ルート公式ページに「薬師寺ではトイレの横の山道を上る」とあるので、既に調べた山道は別の所だと気付いた。

十文字原草原について:植林帯との境界沿いに進んでいったが、途中から谷に下る道があるのではないかと思われる。


さて明礬に向って、ショートカット路を進む。
照湯温泉の左手に、閻魔像があった。
<01.閻魔像><02.閻魔坂由来>
01.IMGP5701閻魔像.JPG02.IMGP5702閻魔坂由来.JPG

<03.照湯温泉>
03.IMGP5704照湯温泉.JPG

<04.交差を渡る>
04.IMGP5705交差を渡って上る.JPG鶴見霊園へ登る道との交差を横切って上る。

<ルートマップ(カシミール3D使用)>
(距離表示は浜脇起終点からの値)
別府一周遊歩道(4)140711RMlevel15.gif

明礬に来て、薬師寺を表門から入り、右手の駐車場上から右手に上ると、竹やぶへの崖道だ。入口を見ると立ち入り禁止のテープが貼られていた。

供養堂前を通り、右手に上っていくと本殿と思われるところの左に多数の水子地蔵を祀ったところがあった。
ああ、ここは水子寺だったのか。

奥に進むとトイレがあり、前記のサイトで紹介されていた山道への入り口らしきところがあるが、山道は既に草に覆われ、とても通れるところではなかった。
竹やぶへの小道と同様にこちらも地崩れで通れなくなったのだ。

戻る途中一人の年配の男性が水子供養堂のところで、泣き声で「かわいそうになあ」と語りかけている。
何か深い思いを抱えているのだろう。

ここはそういうところだったのだ。物見遊山で訪れるところではないと思った。

薬師寺の扱いについてはこう思う:すでに明礬上手への道は通れないので、立寄り所にして遊歩道の通路にすべき理由はない思う。
遊歩道からお滝場も薬師寺も外し、明礬グラウンドから下り三叉路を左折してに明礬の上手に向えばいい。
他の寺社と同様、特に立ち寄りたい人が立ち寄ればいいのではないか。


明礬の県道上の道を進む。
<05.案内板141湯の里>
05.IMGP5715案内板141湯の里.JPG湯の里前に案内板があることに気付く。
ここから国道を通って、湯山に向う。

左カーブを過ぎて、湯山跨道橋を過ぎて真直ぐ進むと、やがて広い三叉路がある。
そこに案内板があることに気付いた。
<06.湯山跨道橋><07.案内板151静山荘前>
06.IMGP5718湯山跨道橋.JPG07.IMGP5719案内板151.JPG

<08.案内板152天神前>
08.IMGP5720案内板152天神前.JPG天神様の鳥居を潜る。

境内を通り抜けて左折して下ると、小川上の幅の広い暗渠の上を通ると、民家の下に出る。
<09.暗渠部分><10.案内板153民家下>
09.IMGP5723暗渠部分.JPG10.IMGP5725案内板153民家下.JPG

<11.案内板154右折点>
11.IMGP5727案内板154右折点.JPG民家の下を左に進み、右折点から上る。

広い道に出合うと、右手に案内板があったことに気付いた。
<12.案内板161湯山><13.ハイウェイ>
12.IMGP5728案内板161湯山.JPG13.IMGP5729ハイウェイ.JPG

建設会社の前を通り抜けると、柵で囲んだ農地があり、夫婦が作業をしていた。
私の山歩きスタイルを見て、奥さんが話しかける。

やがてご主人もやって来て、別府一周遊歩道を調べていることを話す。
十文字草原では水害のため、ルートが変更になっていることを聞いた。
山にご関心があるようで山のことも話す。
<14.中継塔?>
14.IMGP5732中継塔?.JPG下って高速道を縫うように進み、草原手前で右折すると左邸に携帯の中継塔らしいものが見える。

草原を右林縁沿いに下る。気をつけていたが、左折点は見出せない。
可憐な草花が見られる。
<15.ネジバナ><16.右林縁沿いに下る>
15.IMGP5734ネジバナ.JPG16.IMGP5735右林縁沿いに下る.JPG

<17.キバナカワラマツバ><18.カワラナデシコ>
17.IMGP5737キバナカワラマツバ.JPG18.IMGP5739カワラナデシコ.JPG

林道に降りる手前で、左手に降りると、林道に向う踏みの跡がある。
左は急斜面なので、右寄りを歩くほうがよい。
その先から左の谷に降りるのかと思ったが、まずは真直ぐに進む。
<19.林道東側>
19.IMGP5740林道東側.JPG林道へ下り、東側を覗く。

谷の右手を上ってみたが、草深くて進めない。
左に渡ると、段差に落ち込む。幸い水流はなかったので濡れなかった。

対岸の下ってきた踏み分けについて、こちらに左折して下るのだろうかと思ったが、
後で考えるとそれは間違いで真直ぐ林縁まで進み、急坂を下るしかないと思われる。

林道を辿ると、ビロードモウズイカが開花していた。
5月には1株しか見なかったが、今日は2株見つかった。
<20.花アップ><21.開花したビロードモウズイカ>
20.IMGP5745花アップ.JPG21.IMGP5746花開いたビロードモウズイカ.JPG

<22.エゴノキの実>
22.IMGP5747エゴノキの実.JPGエゴノキの実が何故か鮮やかに目に写った。

別府湾SAに上がり、北東隅の高台に登ると三角点があった。
<23.三等三角点「鉄輪」379.3><24.大分県観光マップ>
23.IMGP5751三等三角点「鉄輪」379.4.JPG24.IMGP5752大分県観光マップ.JPG


今日の目的は既に達成された。
さてどちらから帰ろうか。

湯山経由は何度も通っている。
今日は初めてのAPUの取り付け道を下ろう。
西に行きかけて、思い直して近道を取り付け道に下った。

車道歩きは長い。いくつもの橋を渡り、「森入口」交差点を右折、県道別府・山香線を下る。
途中で日が暮れて、夕焼けが綺麗だった。
<25.夕焼け1><26.夕焼け2>
25.IMGP5753夕焼け1.JPG26.IMGP5754夕焼け2.JPG


柴石への近道を行きたかったが、分岐で躊躇したために、何度か枝道に入ったが、いずれも行き止って、国立まで下ってしまった。
そこからの上りは長かった。

<所要時間>
◎アプローチ:55’ 【移動55’,休み0】
自宅発 2:38PM<55’>3:33PM 薬師寺入口着
◎遊歩道:3:09 【移動2:16,休み53’】
発薬師寺入口発 3:33PM(10’)<31’>湯山天満社入口<11’>16km地点<2’>農家の方と話す(7’)<16’>十文字草原入口で休む(18’)<31’>林道に下る<右手の道を調べる16’>再び林道<29’>6:24PM 別府湾SA着(18’)
◎帰路:2:45 【移動2:35,休み10’】
別府湾SA発 6:42PM<6’>APU取り付け道へ下る<24’>県道佐田別府線に出合い右折<50’>国立病院前で県道別府山家線を渡って右折<24’>柴石(6’)<15’>北鉄輪(4’)<36’>9:27PM 自宅着
◎合計:6:49 【移動5:46,休み1:03】

<装備>
◎バッグ:4.0kg (水1?)
◎服装:
◎その他:

登山の楽しみ トップへ



posted by sanjin at 15:13 | Comment(0) | 遊歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。