ス ポンサードリンク

2017年12月22日

別府八峰トレイル構想171223

17年12月23日(土)  晴

東別府駅と胡麻ヶ坂を起終点とする「べっぷ一周遊歩道ルート」(以下「遊歩道」と略記)が開かれて20年余りになるだろうか。
評判はともかく、標識が修復されたりして一部を除いて今も利用することが出来る。
しかしあくまでも遊歩道であって、山歩きを愛するものにとっては物足りないと思われるのではないか。

そこで起終点はそのままに別府市街地を囲むトレイルを作ることはできないかと考えた。
メインルートは別府市内にあって市街地からよく見える標高500M以上のピークを順に辿ることにすれば丁度8つのピークが数えられる。
そこで名づけて「別府八峰トレイル」。
もちろん「別府八峰」は「別府八湯」に掛けている。

八峰は
東別府駅から順に1.向平山、2.小鹿山、3.柳原、4.船原山、5.鶴見岳、6.鞍ヶ戸、7.内山、8.高平山
となる。

最初の4つは現状の登山道では縦走には不向きだから、別のルートを作って順に辿るようにする。
鶴見岳まで行ければ、従来からの登山道を辿れば高平山まで繋ぐことができる。

ただ現在、昨年の地震による崩壊のため、鞍ヶ戸と内山は通過できないので、当面迂回路を設けることにする。
具体的には馬の背から猪の瀬戸登山口に下りて塚原を通って塚原越に至るコースになる。

また高平山から十文字原に降りるとき途中から県道に降りるパスがあったのだが、現状では不明瞭で気付かないうちに自衛隊の演習場の中を通ってしまうので、県道に降りるパスを整備する必要がある。

十文字から先は遊歩道を通っても良いが、途中立命館アジア太平洋大学のために整備された新道を通る方が眺めもよいので、山岳愛好家に好まれるのではないだろうか。
いずれにしても「森入口」から遊歩道に合流する。

来年に掛けての課題は向平山〜船原山のルートといくつかのエスケープルートを整備することである。
当局の許可を得ているわけではないので、本格的な登山道は作れない。
あくまで藪を分け、潅木を枝打ちしてリボンテープで行く先を示した程度のトレイルにしたい。

地図は全体をタイルマップのレベル13で示し、それを5つに分割した部分をレベル15で示す。

点線はルート未確定部分で確定次第差し替える。

5つに分割された各部分はクリッカブルな全体地図からリンクすることが出来る。
ではどうぞ。

別府八峰トレイル全域(電子国土・カシミール3D使用)











別府八峰トレイル 距離と時間
<メインルート>
ルート名水平距離累積標高+累積標高−推定時間備考
kmmm時:分
@東別府駅〜船原山
9.464
1250
567
5:02
ルート一部未完
A船原山〜鶴見岳〜馬の背
5.961
1070
483
4:32
ルート一部未完
B馬の背〜塚原〜塚原越
7.986
345
682
2:24
C塚原越〜高平山〜十文字原
4.104
170
638
1:16
ルート一部未完
D十文字原〜胡麻ヶ坂
7.141
63
518
1:44
合計
34.656
2898
2888
14:58


登山の楽しみ トップへ

posted by sanjin at 20:06 | Comment(0) | 別府八峰トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。