ス ポンサードリンク

2018年04月30日

八峰トレイル 鶴見〜胡麻が坂 代替ルート180430

18年4月30日(月)  曇のち晴


八峰トレイル(仮称)のうち、鶴見岳〜鞍ヶ戸〜内山〜塚原越ルートは鞍ヶ戸T峰の手前の崩壊のため、現在通行禁止となっています。

そのうち内山は遭対協の作業により復旧されたようですが、まだ禁止は解かれていませんし、途中が通行できませんのでルートは依然として繋がっていません。


そこで鶴見岳からエコーライン側に降りて、塚原の車道経由で伽藍岳登山口まで行き、そこから塚原越に上り、

北へ狸峠を経て高平山に至る代替ルートを確定しました。


下山は高平山から先は自衛隊の演習場のため立ち入り禁止となっていますので、狸峠まで折り返し、そこから明礬あるいは湯山に至ります。

@エスケープして市内へ抜ける場合は明礬へ、A終点の胡麻ヶ坂まで進む場合には湯山に下ります。


サブコースとして(エスケープルートというには困難過ぎますので)塚原越から少し南へ、作業道から山道に入ってすぐ左に入りますとB「明礬・鍋山の湯への尾根コース」があります。


ここでは鶴見岳〜高平山のメインルートおよび@、A2つの下山路を紹介します。


別府八峰トレイル全域V0.1(クリッカブル)(電子国土・カシミール3D使用)


鶴見岳山頂を北へ向かい、無線中継アンテナを右に見て左手に下ります。

最初は急坂ですが、傾斜が緩みますと「貞観台」の台地を経て0.5kmで「馬の背」の分岐に着きます。

正面に鞍ヶ戸の崩壊地を見ながら鋭角的に左折して下りますと、石ころ道を通って「西の窪」に降り立ちます。


南平台への道を左に分けて進みますと、直ぐ緩い下りになり、その先は左折して下ります。

途中船底林道入口ともう一つの作業道跡を横断して谷に下ります。

連続して2つの谷を渡って対岸に上り、左岸沿いに下り、途中から谷に下って右岸に渡ります。


右岸を下って間もなく左の谷に降り、谷を斜断して再び左岸に上がります。

しばらく左岸を下りますと、道は再三谷に下り右岸に渡ります。


右岸沿いにやや谷の方に傾いた滑りやすい道を下っていきますと、第二堰堤の右を通過します。

状況によっては最後に谷に下ったところからそのまま谷中を通り、堰堤手前で右岸に上ることも出来ます。


第二堰堤を過ぎると、下りの傾斜は増し、第一堰堤右を下り、左折して堰堤直下に下りてきます。

右へ広い作業道を辿りますと広場に出て「鶴見岳西登山口」に着きます。

林道を右へ下りますと馬の背から約1.9kmでコーラインの峠辺りの「猪の瀬戸登山口」に降り着きます。


エコーラインを右へ下っていきますと大分道手前の三叉路に出合います。

右折して大分道沿いに進みます。

何箇所か「大分道」を潜る墜道が分岐しますが、構わず大分道の右側を進みます。

道幅が狭いので車に注意して下さい。


やや上り気味になりながら右手に看板があり、「塚原温泉」方面の分岐があります。

案内にしたがって右折して上っていきますと伽藍岳登山口に着きます。

その左手に登山者用の駐車場があります。

<(01) 塚原温泉>
(01) 塚原温泉共同風呂DSC04766.JPGそこから左の車道を歩いて上ると「塚原温泉」に出ます。通過すると登山道と合流します。

登山道は工事用の広い道を上っていきます。

<(02) 伽藍岳西峰>
(02) 伽藍岳西峰附近DSC04771.JPG左側には平地の中にミニ火口、荒々しい伽藍岳の西峰やその山腹が見えます。

<(03) 一刀塚>
(03) 一刀塚を振返るDSC04760.JPGもう少し上がりますと、目前に源為朝が試し切りしたと言われる「一刀塚」が見えます。


<(04) 塚原越へは左>
(04) 塚原越へは左DSC04773.JPGその上で右に分岐がありますが、「山道」の表示板にしたがって左気味に上ります。

浅い谷を渡ると間もなく「塚原越」に着きます。

猪の瀬戸登山口から約6.0kmです。

特にその名を示す標識はなくなっています。


メインルートは左手の幅広い伽藍岳への登路の右手でススキを分けると細い山道が続いています。

<(05) ボコボコの岩を振返る>
(05) ボコボコの岩DSC04750.JPGテープに従って進みますとボコボコの岩を右に見て、下り気味に進みます。
やがてやや広い旧道に降り立ちます。



上り気味に進みますと、「鍋山分岐」に至り、案内に従って左手アセビのトンネルに入ります。

<(06) 鍋山分岐><(07) 案内板>
(06) 鍋山分岐DSC04742.JPG(07) 案内板DSC04741.JPG

気持ちの良い山道はやがて尾根道の上りとなり、2つほど鈍頂を過ぎると、下りになって右に岩穴を見ると、塚原越から約1.3kmで狸峠に降り立ちます。


目前の防火帯の斜面を上りますと直ぐ左折してさらに上り、見晴らしが開けて第1ピークに着きます。

鶴見岳以来久々の展望が開けます。

<(08) 急斜面全景>
(08) 急斜面全景DSC04595.JPGその先を下ると目前に防火帯の急登が迫ります。
ジグザグを切ると何とか直登出来ます。

困難を感じれば右に巻き道がありますが、こちらは滑りやすいところもあります。


<(09) 第3ピークへの上り>
(09) 尾根道を振返るDSC04590.JPG上り詰めると第2ピーク、小さく下り上って第3ピーク、もう一度下り上れば第4ピーク。

<(10) 高平山山頂>
(10) 高平山山頂DSC04577.JPGその先はなだらかな踏み跡を辿って狸峠から1.0kmで「山」標柱のある高平山山頂です。


西側はヒノキ林です。

前方には自衛隊演習場の立ち入り禁止標識が見えます。

<(11) 立ち入り禁止看板ズーム><(12) 立ち入り禁止看板ズーム拡大>
(11) 立入禁止標識ZM DSC04587.JPG(12) 立入禁止標識ZU DSC04587.jpg

<(13) 狸峠への下り>
(13) 狸峠への下りDSC04596.JPG下山は往路を狸峠迄戻ります。

下山路の@、Aとも狸峠まで降りずに手前のピークから急坂の防火帯を降りるコースがあります。

何れ下で合流しますが、ここでは由緒ある狸峠からのコースをご紹介します。


暫くは@、Aとも同じルートを進みます。

狸峠から東へ。岩の多い所を通って山道は下っています。

<(14) 下山路>
(14) 下山路3DSC04603.JPGこの山道は昔の峠道の名残で、よく使われた証拠に大きく抉れたところや、その抉れを回避して新しく道を付け替えたとみられるところがあります。
全体として傾斜は緩やかで、南面が開けているので木の間に遠景が覗くところもあります。


前方に尾根の始まりを見て道が左に曲がると暗い林中に入りますが、左手が明るくなると左の草原に出て防火帯の道に合流です。

<(15) 左手が明るくなって><(16) 防火帯に出る>
(15) 行く手が開けてDSC04607.JPG(16) 防火帯に出るDSC04608.JPG

防火帯に出たところには壊れた標識があります。

<(17) 標識(防火帯出合)><(18) 高平山方面>
(17) 指導標1(防火帯分岐)DSC04609.JPG(18) 高平山方面DSC04610.JPG

<(19)標識(林中へ)>
(19) 指導標2DSC04611.JPG暫く狭くなった防火帯を進みますと、標識があって再び右の林中に入ります。


そこからの道はしばらく抉れが激しく、谷のように深くなり過ぎたところは、脇の土手のようなところを通ります。

その見極めは難しいのでテープがついていますが、必要に応じてピンクテープを補充しています。


<(20) 標識(湯山分岐)>
(20) 指導標3(湯山分岐)DSC04612.JPG狸峠から約1.3kmで「湯山分岐」の標識に着きます。
右折すれば明礬、直進は湯山です。


以下両コースを分けて説明します。


@明礬コース

別府方面にエスケープするためのコースです。

標識直下を右折します。

しばらくは傾斜がなだらかな道です。

やがてガラ石の多い道を曲折しながら下りになりますと、倒木の残る伐採地に出ます。

その辺で道が不明瞭になりますが、テープにしたがって進んで下さい。


分岐らしいところに出ますが、右を選んで進みますと左に墓地があります。

墓地の先から右寄りに坂道を下りますと、泉源へのコンクリート道に出合います。

<(21) 山の湯>
(21) 「山の湯」DSC04614.JPGコンクリート道を真直ぐ下りますと、右手に「山の湯」を見ます。

そのまま下りますと車道・国道500号線の地蔵湯バス停です。湯山分岐から約0.7kmの地点です。

車道手前は湯山方面、信号に従って横断歩道を渡れば別府方面の乗り場です。


A湯山コース

トレイルを小坂終点まで辿るためのコースです。

湯山分岐の標識を右に見て真直ぐ下ります。

<(22) 倒木>
(22) 倒木が行く手を阻むDSC04682.JPG綺麗な幅の広い道を下り気味に進みますと、直ぐに倒木が重なったところを通りますが、さほど困難はありません。
1本邪魔な木がありましたが、横にずらして通りやすくしています。


ゴミ捨て場のようなところを過ぎますと前方が明るくなり、湯山の集落が近いことを知ります。

森を出て左手、人家の前を通り抜けます。

さらに家の右手に出ますので、右折して表道に出ます。


<(23) 国道出合>
(23) 国道500号に出るDSC04688.JPG左に「奥みょうばん山荘」を見て舗装路を下りますと、程なく国道に降り着きます。
左に「奥みょうばん山荘」を見て舗装路を下りますと、程なく国道に降り着きます。

<(24) 右手に進んで>
(24) 右手直ぐに横断歩道DSC04689.JPG右手に今は営業していない「近藤商店」、その右道路沿いに「湯山バス停」が見えます。
右手に進んで、「近藤商店」の看板を正面に見て、横断歩道を渡ります。


<(25) 天満社参道入口>
(25) 天満社参道:遊歩道DSC04690.JPG直ぐ右は「天満社参道」入口です。
直ぐ右は「天満社参道」入口です。

(そこを入れば「別府一周遊歩道ルート」ですが、ここから別府湾サービスエリアまで3.4kmをサブコースとします。

途中草原を下りますが、冬季以外は草深く難儀するところです。やがて別府サービスエリアの右に出ます。

北端で歩道を右に下れば、APUの取付き道に出てメインルートに合流します。)


道路沿いを右に少し進みますと「湯山バス停」の休憩舎です。湯山分岐からここまで約0.9kmです。

別府方面へはここからバスに乗ります。


八峰トレイルは湯山バス停前の歩道を左に進みます。

国道の歩道は十文字演習場入口附近まで付いています。

演習場入口から歩道は左側になりますので、注意して車道を渡って下さい。


道は下り坂になりながら左にカーブして行きます。

湯山バス停から約2.4kmで「内かまど橋南三叉路」に着きます。

直進すれば大所を通って4.2km進んで「BS森入口」でメインルートに合流します。


メインルートは信号に従って「内竈橋」を渡り、別府湾サービスエリア、APUの左を通って眺めの良い快適なロードを下って行きます。

約3.2kmで「BS森交差点」に出ます。

<(26) YR案内板232 (森入口)>
(26) 案内板23(2) 森入口IMGP5797.JPGさらに直進しますと道が大きく右にカーブする辺り、左手に「別府一周遊歩道ルート(以下YRと略記)案内板232 (森入口)」の看板を見ます。その右手にバス停も見えます。
看板直ぐ先を左に入って細い道を進みます。


<(27) YR案内板24-2>
(27) 案内板24-2 IMGP5802.JPG程なく「YR案内板24-2」の看板の前を左に入り、さらに細い林中の道を下ります。


<(28) 小坂池>
(28) 小坂池(1) DSC00027.JPG前方が開けますと、左手に沼沢が見えます。「小坂池」です。

そこから道は右に曲がって道幅は広がり、左手に何件かの住宅が並んでいる前を進みますと三叉路に出ます。右手にYRの案内板があります。

左に行きますと「八坂神社」の鳥居前です。

<(29) YR案内板25-1(三叉路)
<(30) 八坂神社鳥居>
(29) 案内板25-1 IMGP5811.JPG(30) 八坂神社鳥居IMGP5812.JPG

ルートは右に下ります。

<(31) YR案内板252(住宅地内)>
(31) 案内板25(2) IMGP5819.JPG田園風景が広がるところを下って行きますと、小坂の住宅地に入ります。

そのまま下っていきますと、民家を道の両側に見て、別府湾が正面に見えるT字路に出ます。

<(32) YR小坂起終点>
(32) 小坂起終点IMGP5822.JPGT字路を左に下りますと、国道10号線の直ぐ手前で「胡麻が坂」の「YR小坂起終点」(標高約13m)に到着です。
「BS森入口」から約2.8km、鶴見山頂から約22kmの地点です。


別府方面へは歩道を右に進みます。

バスで戻る場合には「YR小坂起終点」看板から上り坂を80m程戻り、陸橋を渡ると直ぐ別府行きの「胡麻ヶ坂バス停」です。







posted by sanjin at 19:01 | Comment(0) | 別府八峰トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。