ス ポンサードリンク

2018年05月29日

南平台180428

18年4月28日(土)  快晴

ルートマップ(往路;国土地理院地図・カシミール3D使用)
ルートマップ(上り2).jpg


今日の主目的は南平台から野焼2ヵ月後の猪の瀬戸湿原の撮影。
サクラソウは見れるだろうか。

第2の目的は一気登山道関連の調査だ。
一気登山道は権現社下までの山道の崩壊が進んでいる。

何時通れなくなるかもしれないという危機感がある。
そのために代替候補を見つけておきたい。

先ず、11号線沿いに見つけたテープのところを入ってみよう。
ひょっとしたら一気登山道の代替コースとなれるかもしれない。

自衛隊前から「ゆふりん」で別府ロープウェイBSへ。
<01. 取付き>
01. 入口DSC04853.JPG
そこから11号線を上って、崩壊地の手前から浅い谷状地を上る。

<02. 岩が多くなる>
02. 岩が多くなるDSC04855.JPG
左寄りに上りやすいところを上っていくと、次第に岩が多くなる。
岩の間を縫って左の谷に降りると、水流が現れる。

<03. 椿の花><04. 水流が現れる>
03. 椿の花DSC04859.JPG
04. 水流が現れるDSC04860.JPG

<05. 貯水槽直下>
05. 貯水槽直下DSC04862.JPG
上を見ると貯水槽が。

<06. 登山道に出合う>
06. 登山道に出あうDSC04863.JPG
左に上り、貯水槽の上の崖沿いの踏み跡を注意して辿ると程なく平らな植林地へ。
緩やかに登っていくと登山道に出合う。


このコースは結局貯水槽の管理道だったのか、代替コースにはとても使えない。
次回はもう少し下のほうを調べてみよう。


山道を左へ、石段を上ると権現社。
一休みして一気登山道を上る。
<07. 気温は16℃>
07. 気温は16℃DSC04864.JPG
山道途中の温度計で見ると気温は16℃、山行には適温。
<08. 南平分岐>
08. 南平分岐DSC04865.JPG
やがて南平分岐に着く。
<09. 踊石>
09. 踊石DSC04866.JPG
分岐を左へ、途中で海苔むすびを1個食べて空腹を満たすが、踊石まで30分も掛かった。

南平台に着くと、空気の透明度は低い。
何枚も瀬戸湿原の展望図を撮影。
最もマシなものを載せる。
<10. 展望図>
10. 展望図DSC01190.JPG

サクラソウは見られなかった。
空気が霞んでいたためか、もう終わってしまったためか。

鞍ヶ戸はクッキリだが、由布岳は距離があるためぼんやり。
<11. 鞍ヶ戸><12. 由布岳>
11. 鞍ヶ戸DSC01199.JPG
12. 由布岳DSC04867.JPG

<13. 高崎山方面><14. 鶴見岳>
13. 高崎山方面DSC04879.JPG
14. 鶴見岳DSC04880.JPG


下りは途中から山道の外に出る。
珍しい植物が見られた。
ハンカイソウの葉やボンボリに似た白い花をつけたようなミツマタの名は植物に詳しい方に教えてもらった。
<15. ミヤマキリシマ><16. ハンカイソウの葉>
15. ミヤマキリシマDSC04882.JPG
16. (ハンカイソウ?) DSC04889.JPG

<17. サクラソウ><18. エビネ>
17. サクラソウDSC04891.JPG
18. エビネDSC04900.JPG

<19. ミツマタ近影拡大><20. ミツマタ遠景拡大>
19. ミツマタ近景拡大trimDSC04906.jpg
20. ミツマタ遠景拡大trimDSC04907.JPG

鳥居に降りて自宅まで歩いた。


<所要時間>
◎アプローチ:40’ 【移動30’,休み10’】
自宅発 9:11AM<25’(内休3’)>自衛隊前BS(7’)<ゆふりん8’>9:51AM RW高原BS着
◎往路:3:36 【移動2:49,休み47’】
RW高原BS発 9:51AM<20’>取付き<51’>登山道<10’>権現社(14’)<14’>青ベンチ(3’)<5’>林道<21’(内休4’)>南平分岐(6’)<29’(内休2’)>踊石(8’)<35’(内休10’)>1:27PM 南平台着
◎山頂:1:08 【移動0,休み1:08】
◎復路:2:19 【移動1:45,休み34’】
南平台発 2:35PM<20’>踊石<17’>南平分岐(7’)<14’(内休3’)>林道<1:16(内休19’)>4:49PM 鳥居BS着(5’)
◎帰路:2:06 【移動1:55,休み11’】
鳥居BS発 4:54<27’>RW高原東端(11’)<56’>堀田温泉CR<32’>7:00PM 自宅着
◎合計:9:49 【移動6:59,休み2:50】

<装備>
◎ザック:6.1kg
◎サイドバッグ:1.1kg
◎装備:シリオトレッキング
◎その他:TP


登山の楽しみ トップへ



posted by sanjin at 16:47 | Comment(0) | 由布・鶴見山系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。