2019年12月12日

大平山191010

19年10月・10日(木) 快晴

191212訂正:ルートマップ上でポイント「明礬分岐」の位置(地図左下)が間違っていたのと、スケールが表示されていなかったので地図を差し替えました。
旧地図は参考のため1週間程度残します。
差し替え地図

山岳会のMUさんから大平山登山のお誘いがあった。
彼は私たちの所属する山岳会とは別の山岳会にも所属されている。
この登山は後者の山岳会が発行する「大分百山」の再訂版の資料を作るためという。
彼が担当する2山の内1つが大平山になる。
車で迎えに来られて同乗する。
私の所属する山岳会からはMYさんも来られている。

<(1) 車道から大平山>
(1) 車道から大平山DSC06345.JPG
大平山は秋の10月だというのに草の色は真夏のように青々している。

毎年4月には山焼きが行われた後は新緑が新鮮で、夏には濃い緑に染まるが、10月には緑もあせてくると思うのだが、この10月は高温のせいでまだ夏状態なのだろうか。これも温暖化の所為だろう。

ルーマップ改(国土地理院地図・カシミール3D使用)
191010大平山ルートマップ(改&scale).jpg

戻る
ルートマップ(旧・参考)(国土地理院地図・カシミール3D使用)
191010大平山ルートマップ.jpg

自衛隊敷地との境界にある桜の園下の登山口から上って、近道を通って尾根の防火帯を上った。
<(2) 鶴見岳方面><(3) 近道>
(2) 鶴見岳方面DSC06346.JPG
(3) 近道DSC06348.JPG

途中迂回したので三角点を通らなかったのに気づき、引き返した。
<(4) 三角点入り口><(5) 三角点>
(4) 三角点入り口 DSC06350.JPG
(5) 三角点DSC06351.JPG

山頂で一休みして石楠花尾根の方に向かう。
途中右折して林道方面に下る。
<(6) 内山への尾根道><(7) 明礬方面への分岐>
(6) 内山への尾根道DSC06352.JPG
(7) 明礬方面への分岐DSC06353.JPG

<(8) よく手入れされている>
(8) よく手入れされているDSC06354.JPG
この下りはよく整備されているが、途中ちょっとわかりにくい所で、ルートを外した。

<(9) 入口から山道を振返る>
(9) 入り口から山道を振返るDSC06355.JPG
林道登山口に下山して右折。

<(10) 元気の良い木>
(10) 元気の良い木DSC06356.JPG
「へびん湯」のそばを通って下る。

<(11) 恵比寿社>
(11) 恵比寿社DSC06358.JPG
林道分岐そばの「恵比寿社」で昼食とした。

恵比寿様は海の神様なのに、何でこんな山の中にあるのかということが話題になった。
事実境内のボードには魚の彫り物がある。
<(12) ボード><(13) ボード裏>
(12) ボード表DSC06359.JPG
(13) ボード裏DSC06360.JPG

<市恵比寿原>
DSC_0020市恵比須原.JPG
この恵比寿様は古い資料にも見られる。(「鶴見七湯廼記」より)

林道分岐から春木川右岸に沿う林道に入り、終点から再び山中に入る。
<(14) 林道終点からの登山道><(15) 標識>
(14) 林道終点からの登山道DSC06361.JPG
(15) 標識DSC06362.JPG

防火帯はよく刈り込まれているが、山道はそれを横切り、深いススキの中に入る。
足元は段差があり、要注意。
<(16) 上の標識>
(16) 上の標識DSC06363.JPG
背の高い標識から階段を左に上る。

やがて山麓の伸びやかな山道に出る。
<(17) 鍋山方面>
(17) なべ山方面DSC06364.JPG
鍋山方面を眺めるとやはり秋色はなく、草は青い。

再びススキの中を通り、水切り溝を過ぎると景観が開け、左手には乙姫観音が祀られている。
恵比寿社だけではなく、乙姫様も海に関連するのに。
<(18) 山頂を仰ぐ><(19) 乙姫観音>
(18) 山頂を仰ぐDSC06365.JPG
(19) 乙姫観音DSC06366.JPG

<(20) 標識(3)>
(20) 標識(3) DSC06367.JPG
桜の園の北辺を右へ登る。このあたり別府一周遊歩道になっているが、ここと次の案内標識の矢印の向きがおかしいので要注意。

<(21) 標識(4)>
(21) 標識(4) DSC06368.JPG
桜の園の上辺に出て真直ぐ南下する。
といってもアップダウンが続く。

<(22) 標識(5)>
(22) 標識(5) DSC06369.JPG
近道入り口まで来ると桜の園の南辺を左に下り、最初の登山口に降り着いた。


ところでMUさんは歩きかたがぎこちなかった。
膝を痛めているという。
ダブルストックでやっと歩くという感じ。
お役目ご苦労様でした。


<所要時間>
◎アプローチ:40’ 【移動32’,休み8’】
自宅発 8:27AM(8’)<MU車(途中コンビニ7E立ち寄り) 30’>桜の園手前下車<2’>桜の園下登山口着9:07AM
◎往路:1:46 【移動1:20,休み26’】
桜の園下登山口発9:07AM<17’>近道分岐(着替え5’)<14’>近道上(休み8’)<31’>(小休10’)<9’>UT<3’>三角点(3’)<6’>山頂着10:53AM
◎山頂?:7’ 【移動0,休み7’】
◎復路:2:35 【移動2:03,休み32’】
山頂発 11:00AM<24’>林道登山口<38’>林道分岐・恵比寿社12:02PM(昼食32’)<9’>林道終点登山口<52’>桜の園下登山口着1:35PM
◎帰路:21’ 【移動12’,休み9’】
桜の園下登山口発1:35PM<2’>桜の園手前(9’)・MU車ST 1:46<8’>降車<2’>1:56PM RTN
◎合計:5:29 【移動4:07,休み1:22】

<植物>ヒヨドリソウ・サイヨウシャジン


登山の楽しみ トップへ

posted by sanjin at 11:34 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。