2020年03月27日

B8Tルート整備A小鹿山200219

20年2月19日(水)  快晴


ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
200227*小鹿山空写2.jpg

(注) トラックの直線部分はトンネル内でGPS信号を受信できなかったため(未修正)

B8Tルート整備第2回は浜脇起終点から小鹿山を越えて志高分岐までを終えた。

殆どはロードだからテープは山頂の1箇所と、行き過ぎた志高分岐先の数箇所だけだった。

ここの整備は写真によるルート案内資料の収集が主体になる。


ルート整備の概略道順は:

まず浜脇温泉に向かい、そこを南下。

東別府前を通って起終点に出た。

左手には近道の案内石柱がある。

(01) 山家區近道案内

*(01) 山家區近道の案内DSC06768.JPG

右手には遊歩道起終点の標識がある。

(02) 浜脇起終点標識

*(02) 右の標識DSC06769.JPG

(03) トンネルを潜る

*(03) トンネルを潜るDSC06772.JPG

トンネルを抜けると、広い道を道なりに上り、上の変則4叉路を鋭角的に右折する。

新道を潜り、右に上がって横断道路を渡り、右に進んで大きいトンネルに入る。
トンネルを抜けると右手の横断歩道を渡り、左手に歩道を上る。


柳・隠山入口では右手の道を下り、河内川沿いに上り、第5の橋で川を離れ、公民館の左を上っていくと左手に

(04) 三十三体観音像入口

*(04) 三十三体観音像入口DSC06827.JPG

少し上がると左上に看板が見える。

(05) 上の看板

*(05) 上の看板DSC06828.JPG

道沿いには次の看板がある。

(06) 法華寺跡入口

*(06) 法華寺跡入口DSC06829.JPG

道が上って高速道沿いに右に進むと右手に

(07) 癒しの森入口

*(07) 癒しの森入口DSC06833.JPG

しかし矢印の指す左を見ると何だこれは。

(08) 立ち入り禁止

*(08) 立ち入り禁止DSC06834.JPG


高速道沿いに進み、その先で高速道の下を潜って上り、T字路を左折すると少年自然の家「おじか」の手前に大きな木があって、その説明を見ると、

(09) カスミザクラ案内板

*(09) カスミザクラ案内板DSC06875.JPG

開花は4月下旬とのこと。

「おじか」の方に進み、入所者駐車場の矢印の方に進むとこの案内板があった。

(10) 周辺案内

*(10) 周辺案内DSC06887.JPG

駐車場の左を進み、奥の道から小鹿山に上る。

すぐに急傾斜になり、木の階段が続くが、すぐに傾斜は緩み、岩が多くなる。

さらに上の方では大きな岩も。

(11) 傾斜が緩むと

*(11) 傾斜が緩むDSC06908.JPG

山頂に上がり、北に下って、志高湖への分岐から湖畔を抜ける。

(12) 志高湖夕景

*(12) 志高湖夕景DSC06927.JPG

市道を通ってBS鳥居へ。

すぐにやって来たバスで帰宅。


小鹿山は登山道には出合ったが、登山口は見つけていない。

あるのかないのか、あれば何処なのか、次回調べてみよう。



<所要時間>

◎アプローチ:2:20 【移動2:08,休み12’】

自宅発 1:18PM<40(途中ロス2’)>祗園橋(上着off 9’)<21(途中休み1’)>浜脇温泉<10’>3:38PM 浜脇起終点着

◎上り:1:52 【移動1:29,休み23’】

浜脇起終点発 3:38PM<32’(途中ロス2’)>BS隠山入口(小休11’)<30’>少年自然の家「おじか」<39’(途中休み10’)>5:30PM 小鹿山頂着

◎山頂?6’ 【移動0,休み6’】

◎下り:24’ 【移動24’,休み0】

小鹿山頂発 5:36PM<19’>防火帯上り途中<5’>6:00PM志高分岐着

◎帰路:1:02 【移動1:01,休み1’】

志高分岐発 6:00PM<30’>BS鳥居(1’)<バス13’>BS生目神社前<徒歩18’>7:02PM 自宅着

◎合計:5:44 【移動5:02,休み42’】


<装備>

◎ザック:3.9k

◎サイドバッグ:1.1k








posted by sanjin at 08:38 | Comment(0) | 別府八峰トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。