2020年03月27日

B8Tルート整備F塚原越200318

20年3月18日(水) 晴

今日は残りのうち内山途中から高平山まで済ませたかったが、出がけのトラブルで1時間のロスタイムがあって、狸峠までとなった。

バスで地蔵湯前まで。

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
200318塚原越+scale.jpg

そこから歩いて鍋山の湯まで。
<鍋山の湯入口>
(01) 鍋山の湯入口DSC07168.JPG

小休ののち入口から入り、堰堤工事用の取り付け道路を上り、途中から尾根に上って堰堤上に降りる。
<尾根を降りた所>
(02) 尾根から降りた所DSC07170.JPG
尾根を振り返る。

<兎落としの案内板>
(03) 案内標識DSC07171.JPG

すぐに谷の右岸に渡って遡って上る。
<案内テープ>
(04) 案内テープDSC07174.JPG
大きな石の左奥にもテープとケルンが見える。
途中から第二谷沿いに進み、終に第2谷を越えて右岸を上る。

その途中でミステープに誘われたようで、右寄りに上り、急な斜面を上った。
上で本道に復帰して、左から上がってくるテープを確認。

<ケルン>
(05) ケルンDSC07177.JPG
塚原越が近づくとこのケルンが見られる。

<噴気>
(06) 噴気DSC07178.JPG
噴気を過ぎるとすぐ塚原越に出た。

振返って兎落し方面
<兎落し下り口>
(07) 兎落とし下り口DSC07182.JPG

ここで昼食を摂った。

それから内山方面に向かった。
途中西を眺めると
<西 立石山方面>
(08) 西 立石山方面DSC07184.JPG

上って行くと左手に崩壊している所があった。
<崩壊地>
(09) 崩壊地DSC07186.JPG


第2ピークまで行ってUターン、最後のオレンジテープから先はテープを補充しながら戻った。
オレンジテープがホームセンターでは手に入らなかったので、この先はピンクのマーキングテープに黄色のビニルテープを添えた。
既に黄色のテープがあるところも多かったので、そこに補充するときはピンクのテープだけ、逆の場合も多少。

ズルズルのロープ場が終わってホッとして下っていると、
<トラロープ>
(10) 立入禁止トラロープDSC07188.JPG
前回「立入禁止」標識のあったと思ったトラロープのところにやってきた。
上りには気付かなかったが。

ここに標識などはなかったし、左への踏み跡もはっきりしない。
夜間には勘違いに注意しなければならないな。

ここは右折して下る。
倒木に引っ張られたロープも崩壊地もその下にあった。
この辺りが地震の影響がもっとも大きかったところだと思われる。
足元に注意して下った。

<脱毛?>
(11) 脱毛?DSC07189.JPG
難場を過ぎるとこんなものが:冬毛を落とした?

下の方は快適な山道を辿って塚原越に着き、そのまま狸峠へ向かった。
こちらは以前と変化はなく、快適な山道が続く。
アセビの間の平道を過ぎると杉林の上りとなり、やがて下って狸峠に着く。

時刻は6時前、今日はここまで。
小休の後右(東)に下る。

安定した古道を辿ると、直進方向は終わり、右手に斜面を下ると道は左へ向かう。
曲折して下っていくと、やがて森の中に入り、行く手が暗くなる辺り、左手に明るい防火帯への出口が見える。
ここにテープをつけた。

防火帯に出るとすぐ右に森への案内標識がある。
森の中の道は幅広く、九折に下って行く。
湯山方面は次回に譲って、湯山分岐の標識を右へ、明礬に向かう。

途中道が倒木に塞がれた手前で左に降りたが、そこから道を間違えて右に寄り過ぎたため、遠回りして明礬に降りた。
BS地蔵湯前を通り過ぎて下り、BS明礬からバスに乗って8時前に帰宅した。


<所要時間>
◎アプローチ:40’ 【移動21’,休み19’】
自宅発 9:44AM<4’>FMT(SP 6’ )<2’>BS原SBH前(13’)<バス15’>10:24AM BS地蔵湯前着
◎往路: 【移動,休み】
BS地蔵湯前発 10:24AM<32’>鍋山の湯入口(11’)<1:49(内休み3’)>12:56PM塚原越着(昼食26’)
◎目的ルート: 【移動,休み】
 塚原越発 1:22PM<内山方面へ1:41>内山第2ピーク<塚原越へ2:02>(7’)<狸峠へ45’>
5:57PM 狸峠着
◎復路: 【移動,休み】
狸峠発 6:13PM<46’>湯山分岐<29’>7:28PM BS明礬着(4’)
◎帰路: 【移動,休み】
BS明礬発 7:32PM<11’>BS原<10’>7:53PM 自宅着
◎合計: 【移動,休み】

<装備>
◎ザック:メイン5.0k, サブ0.8k, サイド0.7k, 計6.5k
◎のど飴消費:しょうが7-3=4個,キシリクリスタル7-5=2個


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 08:55 | Comment(0) | 別府八峰トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。