2021年01月03日

障子尾根201024~26

20年10月24日(土)~26日(月) 晴

<10月24日(土)>
昼過ぎに自宅発。路線バス・JR・コミュニティバスを乗り継いで傾山登山口へ、そこから50分ほど歩いて九折登山口に到着。
途中緒方で夕食弁当を購入。
テントを設営するとき、ポールの中の芯が緩んで苦戦。結びなおして短くして何とか修復。
夕食の後9時前に就寝。
夢でオリオンの三星が山上に出ているのを見た。その向かいの2星とともに。
―夜中に外に出ると、実際にオリオンが南東の空に上っていた。3つ星のそばに小さな三つ星?すばる?―いや,、すばるは中天にあった。

<10月25日(日)>
6時前に起床。朝食・身支度を済ませる。
<(1) ユネスコパーク看板><(2) お知らせ(1)>
(1) ユネスコパーク看板DSC07927.JPG
(2) お知らせ(1)DSC07929.JPG

<(3) お知らせ(2)>
(3) お知らせ(2)DSC07930.JPG
だが気が乗らず出発は9時半ごろ。


ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
ルートマップscale.jpg


権現橋先で下る青年に会って、登山口を尋ねられる。40分で着きますと答える。
<(4) 奥天上から三つ坊主へ><(5) 前天上から続く尾根>
(4) 奥天上から三つ坊主へDSC07935.JPG
(5) 前天上から続く尾根DSC07936.JPG

その上で上る車が「送りましょうか」と言ってくれたが、こちらは山行中だから、「いいです」とお断り。
<(6) 威圧的な嵩四等三角点>
(6) 威圧的な嵩(四△)DSC07938.JPG
やがて県道に合流。

<(7) 県道左のお地蔵様><(8) 障子登山口>
(7) 県道左のお地蔵様DSC07941.JPG
(8) 障子登山口DSC07942.JPG

10時過ぎに障子登山口を通過。登山届けの右を上る。

<(9) この先のY分岐は左へ><(10) 登山届の右を上る>
(9) この先のY字路は左へDSC07943.JPG
(10) 登山届の右を登るDSC07944.JPG

<(11) 最後の民家の左を上る><(12) コンクリート道>
(11) 最後の民家の左を上るDSC07945.JPG
(12) コンクリート道DSC07946.JPG

<(13) 振り返ると前笠松><(14) 左手は嵩△点>
(13) 振り返ると前笠松DSC07947.JPG
(14) 左手は嵩△点DSC07948.JPG

<(15) ちょっと荒れた道><(16) 標識>
(15) ちょっと荒れた道DSC07950.JPG
(16) 標識DSC07951.JPG

<(17) 洗い越し><(18) 看板>
(17) 洗い越しDSC07952.JPG
(18) 看板DSC07953.JPG

<(19) 防獣ネット入口>
(19) 防獣ネット入口DSC07954.JPG
コンクリート道を過ぎて少し行くと開いた防獣ネットから植林帯に入る。
以前ゲートは手で開ける必要があったが、今は開いている。

5年前は植林の杉はまだ幼木だったが、今は元気な若者だ。
往時はここから急斜面のザレ場がまっすぐ上がっていて滑りやすく歩き難かったが、今はピンクのテープが良く付けられ、山道は蛇行して導かれて傾斜は緩やか。
上るときは気付かなかったが、途中から右へ分岐が作られていた。
上り詰めると右に曲がり、ネットを潜って植林帯の外に出た。
<(20) 潜った防獣ネット><(21) 右下に続くテープ>
(20) 潜った防獣ネットDSC07961.JPG
(21) 右下に続くテープDSC07962.JPG

<(22) 最初の岩場>
(22) 最初の岩場DSC07964.JPG
そこから暫く植林帯のネットに沿って上ると、途中からネットを離れて蛇行して幾つかの岩場を越える。

<(23) 通行止めの倒木の前を右上へ>   <(24) 小枝を越える>
(23) 通行止め倒木の前を右上へDSC07965.JPG
(24) 小枝を越えるDSC07970.JPG

<(25) 鋏で切れる小枝を切除><(26) 小谷を渡って>
(25) 鋏で切れる小枝を切除DSC07971.JPG
(26) 小谷を渡ってDSC07978.JPG

<(27) 水場下>
(27) 水場下DSC07979.JPG
傾斜が緩むと谷を2つ渡って水場の下に着く。
水場まで以前は谷の中を上ることも出来たが、今はその下は小さな滝になっている。

右から回り込んで水場を渡ると本格的な上りが始まる。
<(28) 水場を渡る><(29) 水場上>
(28) 水場を渡るDSC07980.JPG
(29) 水場上DSC07981.JPG

岩場を幾つか上って大きな山塊の左を巻いて進む。

以前はほとんど水平に進んでいたが、途中が崩れたようで何箇所か右手に上って巻いた。
道がほぼ水平になると、左に林道への分岐があり、やがて「鞍部の森」に着いた。
この辺り紅葉が美しい。

そこからひと登りで国調三角点のある露岩に着く。
その先で急な下りを過ぎると黒岩山は近い。
今日はこの山の位置を確かめるのも目的の一つ。

直ぐ下の鞍部から取り付いたが、何のことはない、その先で再び下る。
<(30) 黒岩山>
(30) 黒岩山DSC08002.JPG
もう一度上ってGPSの示す黒岩山に着いた。

以前山道はこの山の左(南)側に沿って伸びていたと思っていたが、GPSトラックを見ると矢張り黒岩山を通っている。
紅葉が美しい。
<(31) 北側の紅葉><(32) 南側の紅葉>
(31) 北側の紅葉DSC08003.JPG
(32) 南側の紅葉DSC08004.JPG

<(33) 黒岩山先(西)の大岩>
(33) 黒岩山先(西)の大岩DSC08006.JPG
行く手には大きな岩が見える。
出発が遅れたため、既に2時半になっているので今日はここまでにして引き返した。
<(34) 国調三角点のある岩>
(34) 国調三角点のある岩DSC08010.JPG
露岩に上る。

(35) 露岩から大障子>     <(36) 大船・黒岳〜由布・鶴見>
(35) 岩場から大障子DSC08012.JPG
(36) 大船・黒岳から由布・鶴見へDSC08013.JPG

下る途中岩場の一つに着いた。
テープに導かれて左に入ったが、右手にトラロープ。
以前もこれを越えて下ったので、下って行ったが、なんとも谷状の急斜面。
ここは表土が流されているようだ。

少し下ると右手に古いテープが見える。
その辺りで左手を見ると上にピンクのテープが見える。
ここだけ傾斜も緩んでいるので左に渡って上った。

テープはその先も続いていたので安心して下った。
下りに迷った訳だが、上りはどうだったか、よく覚えていない。(GPSログのよると同様のルートを取っているようだ。)

<(37) 下に続くテープ>
(37) 下に続くテープDSC08016.JPG
植林帯上のネットを潜った地点に着いた。

その下にトラロープが張られているが、その中央にピンクテープ。
さらに下方にネットに沿ってピンクテープが続いている。

以前から気になっていたが、そこを下ってみた。
ネットが倒れている地点でネット内へ導かれた。
<(38) 合流点>
(38) 合流点DSC08017.JPG
やや急な踏み跡を下っていくと上って来た山道に合流した。

上りもこちらの方がよさそうだ。
<(39) ネットの外へ>
(39) ネットの外へDSC08018.JPG
少し下ってネットの外へ出た。

往路を戻り、6時半過ぎに九折登山口に戻った。

就寝9時半頃。
夜中に震えが来た。右足の外側が痛む。
低温のためだろう。

<10月26日(月)>
起床7時前。足の調子は良くなったが、一応テーピング。
朝食後、朝寝をして、昼食後12時過ぎに帰路に就く。
<(40) バスから緒方の水田>
(40) バスから緒方の水田DSC08028.JPG
コミュニティーバスから緒方平野を眺めると、収穫間近の田園風景が美しい。
以下JRと路線バスを乗り継いで、午後5時半前に帰宅した。

エアーマットも枕も空気が抜けて寒さに耐え切れなった。
九折登山口は標高400m位で、10月下旬にこんなに冷えるとは意外だった。
エアーのマットも枕も空気漏れが起こるようなら使用終了だ。


<所要時間>
◎アプローチ:20:51 【移動3:08,休み17:43】
10/24(土) 自宅発 12:35PM<歩き8’>BS荘住(2’)<バス9’別府駅西(11’)<JR 臼杵行13’>大分駅(29’)<JR 59’>緒方駅(49‘~BS支所前)<コミュバス47’>4:22傾山登<8’>宮下橋<10’>あんどう下(1’)<2’>権現橋<32‘>5:15PM九折登山口着(3:34テント設営・夕食など・素歯みがきなど) SL8:49PM (9:05)
10/25(日) Gu 5:54AM (3:32 朝食・HB・素歯みがきなど)
◎往路:5:03 【移動4:06,休み57’】
九折登発 9:26AM<26’>権現橋<22’>県道出合<3’>障子登山口(19’)<17’>ネット内へ<18’>ネット外へ(3’)<6’>(小休1’)<58’>水場<4’>(小休30’)<32’>大岩下・左へトラバ<21’>林道分岐<4’>鞍部の森<13’>国調三角点(撮影4’)<22’>2:29PM 黒岩山着
◎黒岩山:1’ 【移動0,休み1’】
 黒岩山着2:29PM(1’)
◎復路:4:07 【移動3:35,休み32’】
黒岩山発 2:30PM<14’>国調三角点(小休15’)<1:03>(小休3’)<1:23>(小休1’)<6‘>登山口<3’>豊栄林道入口<14’>権現橋(HL on・小休13’)<32’>6:37PM 九折登着
◎帰路:22:40 【移動3:10,休み19:30】
九折登山口着 6:37PM(GPS off・夕食等2:54) SL9:31(9:21)
10/26(月) Gu6:52AM(朝食・脚の治療・SL(45’)・テント撤収など 計5:20)
WST12:12PM<28’>権現橋(1’)<22’(内休み3’)>県道BS(17’)<コミュバス47’>支所前(ショッピングなど23’)緒方駅(小休48’)<JR 1:02>大分駅(10’)<12’>別府駅(13’)<バス9’>荘園住宅前<13’>5:17PM 自宅着
◎合計:2d4:42 【移動13:59,休み1d14:43】

<装備>
◎荷重:ザック:11.0+0.8k, サイドバッグ:1.1k, サブザック:0.8k,計13.7k, 途中追加:あんぽがき0.2+弁など0.4=0.6
合計14.3kg
◎帰り重量:サイド1.0k,サブ1.6k,小計2.6k / メイン衣料1.0k,飲料水1.1k,waste0.2k,その他7.9k,小計10.90k /
合計13.5k
◎服装:
◎食料消費:しょうがのど飴-3,キシリ-3,塩トマトN,尾西-Ein山菜おこわ-1,2・QE -1=1,クリーム玄米ブラン-1=1,チョコサンド-1=1,みかん1,あんぽがき3,満屋ヨーカン-1,バニラプロテイン-1,チョコプロテイン-3


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 18:01 | Comment(0) | 祖母傾山系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。