2021年01月03日

涌蓋山201123

20年11月23日(日) 細雨のち曇

山仲間の「ゆみちゃん」さん(以下Yさん)が今年3月にニューピーク1000座を達成された記念登山に参加した。
コースは八丁原からの涌蓋山。
出発が数分遅れ、集合場所のYさん宅に向かう途中、Hさんの車が拾ってくれて、登山口まで送って頂いた。
ありがとうございました。

登山口の駐車場には10数名の仲間が集合し、中にはネットで知っていた「豊津の信ちゃん」さん夫妻も来られていた。
彼は私より数歳若いが、年齢差以上に勢いのある方で上りはずっとグループを先導され、下りはご夫妻のみ一目山(いちもくざん)にも登られた。
万年山以来の顔見知りの方(多分「福岡の亀」さん)も来られていて、山中で四方山話。

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
涌蓋山ルートマップ.jpg


今日は最初から時折小雨がパラつく生憎の天候。
登山口に着いてもガスが懸っていて、せっかくの展望も望めない。
昨日の猪の瀬戸作業の疲労も残っていたため、後の方をゆっくり付いて行った。

<(1) 案内板><(2) 地籍図根三角点(1)>
(1) 案内板DSC08115.JPG
(2) 地籍図根三角点(1)DSC08116.JPG

往きはみそこぶし山を越えて行った。
<(3) マツムシソウ><(4) みそこぶし山>
(3) マツムシソウDSC08117.JPG
(4) みそこぶし山頂DSC08118.JPG

山道は天候のせいもあってズルズル滑りやすいところが多く、また小石のごろごろしたところもあった。

<(5) 地積図根三角点(2)><(6) 涌蓋越>
(5) 地籍図根三角点(2)DSC08119.JPG
(6) 涌蓋越DSC08120.JPG

<(7) 赤松の竜>
(7) 赤松の竜DSC08121.JPG
涌蓋越から少し上ったところに特徴のある赤松

女岳を過ぎると山頂まではもう一息。
<(8) 女岳><(9) 涌蓋山頂>
(8) 女岳DSC08122.JPG
(9) 涌蓋山頂DSC08124.JPG

山頂で記念のセレモニーで挨拶されたYさんは、いつもとは違って改まった様子。
一口に1000座といっても、一生かかって達成するのも稀なことであろう。
それもニューピークとなれば一入だ。
藪漕ぎも厭わず、果敢に岩場に挑戦して成し遂げた成果、真に賞賛に値する。
Yさん、おめでとうございます。

昼食を摂っていると、こちらもネットで知っていて一度だけコメント投稿をした「じなし」さん夫妻が登ってこられた。国東の山を熟知されている方で、ご主人の方は思っていたより大柄で指導力を感じさせる方だった。

<(10) みそこぶし山が近づく>
(10) みそこぶし山が近づくDSC08128.JPG
下りはみそこぶし山の右を迂回して下った。
一箇所だけちょっとした段差があってみんなジャンプして下っていた。

<(11) 一目山遠景><(12) 遠ざかるみそこぶし山>
(11) 一目山遠景DSC08129.JPG
(12) 遠ざかるみそこぶし山DSC08131.JPG

<(13) 快適な山道><(14) 小国町の発電水車>
(13) 快適な山道DSC08132.JPG
(14) 小国町の発電風車DSC08133.JPG

<(15) 近づく一目山><(16) 一目山近景>
(15) 近づく一目山DSC08134.JPG
(16) 一目山近景DSC08135.JPG

天候は相変らずで、下山間際にやっと晴れ間が覗いた。
何とも生憎な天候であったが、久しぶりに和やかな雰囲気のグループ登山を楽しんだ。

帰りはOさんの車に同乗させてもらい、夏に訪れて探し当てられなかった長者原の知人の別荘を訪問した。
今回も道を間違えたが、Oさんの助言で管理人さんに尋ねることにした。
管理人さんはわざわざ車で先導して下さり、やっと探し当てることができ、近況も教えて頂いた。

Oさんにはその後高速を通り、わざわざ別府の自宅まで送って頂いた。
ありがとうございました。


<所要時間>
◎アプローチ:2:26 【移動1:39,休み47’】
自宅発 5:51AM<12’>H車on<1:32(内買い物5’)>7:35AM 八丁原着(42’)
◎往路:2:41 【移動2:12,休み29’】
八丁原発 8:17AM<33’>(小休2’)<31’>みそこぶし山(小休4’)<21’>涌蓋越(小休12’)<32’>女岳(小休11’)<15’>10:58AM 涌蓋山頂着
◎山頂:1:29 【移動0,休み1:29】
◎復路:2:55 【移動2:14,休み41’】
涌蓋山頂発 12:27PM<15’>女岳<28’>涌蓋越(3’)<6’>小休(7’)<32’>みそこぶし下り分岐(小休5’)<23’>小休(3’)<30’>2:59PM 八丁原登山口着(23’)
◎帰路:2:07 【移動1:52,休み15’】
八丁原登山口O車発 3:22PM<26’>別荘地入口<移動37’(内休み10’)>別荘地入口<6’>大石原(買い物5’)<高速経由50’>O車off<3’>5:29PM 自宅着
◎合計:11:38 【移動7:57,休み3:41】


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 18:09 | Comment(0) | 九重山系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。