2021年01月03日

大平山201206

20年12月06日(日) 快晴

ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
ルートマップ.jpg


石楠花尾根の途中からテープがあってどこに行くのかと追っていったが、途中でテープがなくなった。大平山山頂を通らずに下る道はないのかなあ。―という話を聞いた。
そのテープと行き先を突き止めるため、大平山に出掛けた。
昼前に出掛ける。

<(1) 今日は快晴>
(1) 今日は快晴DSC08142.JPG
途中弁当とお茶を購入して大平山・桜の園南登山口から上る。

<(2) 山頂から奥へ>
(2) 山頂から奥へDSC08143.JPG
山頂手前に喫煙者。
左を通り、軽く会釈して奥へ。

<(3) 内山方面へ><(4) 岩尾根は殺風景>
(3) 内山方面へDSC08145.JPG
(4) 岩尾根は殺風景DSC08148.JPG


鞍部〜裏登山口マップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
鞍部〜裏登山口マップ.jpg


岩尾根を越え他鞍部で右下を見るとピンクテープがある。
追っていくと北登山道に尾根の手前の角で出合う。

<(5) 登山道合流点><(6) 合流点(登山道側から)>
(5) 山道合流点DSC08152.JPG
(6) 合流点(反対側から)DSC08153.JPG

<(7) 林道終点から真っ直ぐ>
(7) 真っ直ぐ上るDSC08154.JPG
裏登山口から上るときは林道終点から左に曲がらず、真っ直ぐに上ることに注意!

<(8) 裏登山口ゲート>
(8) 裏登山口ゲートDSC08155.JPG
さらに下ると裏登山道の入口ゲートに達する。

車道を下ってへびん湯前を通り、さらに下っていくと右に春木川沿いの林道が分岐している。
今は車通行止めの林道を下って行くと、終点で「別府一周遊歩道」の看板のある「北東登山口」に着く。
<(9) 春木川沿いの林道><(10) 北東登山口>
(9) 春木川沿いの林道DSC08156.JPG
(10) 北東登山口DSC08157.JPG

<(11) 鍋山方面>
(11) 鍋山方面DSC08160.JPG
登山口から少し上って、鍋山方面を眺めるとビロード色の山腹が日に照らされている。

北東登山口から上り、防火帯を辿って行くと南山麓でTさんに出会う。
休んでいるとSさんがやってきた。

<(12) 紅葉1>
(12) 紅葉1DSC08162.JPG
3人で林道を奥へ。途中の紅葉も美しい。

<(13) イチゲに似ている><(14) 紅葉2>
(13) イチゲに似ているDSC08163.JPG
(14) 紅葉2DSC08164.JPG

以前の堰堤の上流部に新しい堰堤が建設中だった。
Tさんの案内で堰堤の内部を見物したが、内部の構造は以前のものとは違うそうだ。
山麓で別れ、林道を下って帰宅した。


<所要時間>
◎アプローチ:58’ 【移動40’,休み18’】
自宅発 11:04AM<3’>FMT(5’)<20’>ランドリー扇山前(8’)<17’>桜南登(5’)
◎山行:4:48 【移動3:24,休み1:24】
桜南登発12:02PM<9’>近道下(2’)<13’>近道上(11’)<35’>山頂<23’>鞍部<24’>山道出合<21’>北登山口<17’>北東登山口(4’)<1’>(17’)<6’>山道途中<4’>北東登山口(1’)<33’>山麓(40’)<林道散策18’>山麓着(9’)
◎帰路:30’ 【移動30’,休み0】
林道登発4:50PM<30’>5:20PM 自宅着
◎合計:6:16 【移動4:34,休み1:42】

◎食料消費:△(日高昆布・熟成紅シャケ),お茶約100g,Gダカラ約200g,塩トマト,しょうがのど飴


登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 18:11 | Comment(0) | 大平山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。