ス ポンサードリンク

2015年05月04日

白鹿山150409

15年4月9日(木) 曇時々雨

<プロローグ>
今日はYさんたちと県南の木山内岳と黒門山の間にある奥ヶ迫山とその奥のコシキ岩に上る予定だった。
コシキ岩の手前左手には高さ20m位の見事な岩があるという。

Yさん、Nさんと私の3人で5時過ぎに別府を発った。
その時は小雨だったが、高速に乗ると大分は曇り、県南は良いのではないかとの期待もむなしく、藤河内の2番目の駐車場に付いた頃には、小雨が降り続いていた。

<01奥ヶ迫山登山口>
今日のところは駐車場左手の登山口を確認するのみで、出直すことにした。


往きは桑の原トンネルを潜って2度左折、発電所の横を上って右折、桑原川の左岸沿いに藤河内方面に向かったのだが、左手は崖で雨天時は通りたくないところ。
帰りは山越えで木浦を通って国道326号線へ出た。

三重の市街地で右手に新しい道が出来ていたので、中九州横断道路に通じているのではないかと入ってもらったが、直ぐに元の国道に戻ってしまった。

<アプローチ>
「道の駅みえ」でトイレ休憩を取り、この機会に安価で新鮮な野菜を購入した。
そこで?近くの白鹿山に登ろうということになった。

白鹿山では西暦800年ごろ「日本後紀」に白鹿が捕れたという記録があるという。
観光WEB:http://www.kankou-web.net/spot/44031.html
それが名前の由来のようだ。

白鹿山は3つの峰からなるが、かつてYさんが一ノ峰のみに登っていると言う。
二ノ峰・三ノ峰の存在を知らなかったそうだ。
かねてからこの辺りを通る度に、何時か全ての峰に上りたいと言っていた。
それを今日実行しようという訳だ。

国道を800m余り北上すると、左に県道636号線が鋭角的に分岐する。
それに下り、次のト字分岐を右に入って平成大橋を渡る。

橋を渡って400m程先の分岐を左へ、更に次の十字路を右折して村道を進む。
しばらくで右手の妙覚寺入口の看板に従って「林道白鹿山線」を上る。

直ぐに分岐があり、右手に作業舎、正面に案内板がある。
それによると3つの峰は周回できるようだ。

林道は左手に上っているが、分岐を右に上って「妙覚寺」方面に向い、お寺の広い駐車場に車を停める。

駐車場の向こう側にも車道が下っているようで、案内板によると「妙覚寺参道」とのこと。
同じ村道に下りてくるようだ。

<白鹿山ルートマップ(カシミール3D使用)>
150409白鹿山.gif

<往路>
さて準備の後、本堂の横を通って上り始める。
直ぐの分岐は右に上る。

<02シカ避けネット入口>
02DSC00390シカ避けネット入口.JPG
緩やかな疑似木の階段を上ると、やがてシカ避けネットの入口に着く。

<03案内板上><04案内板下>
03右21度回転trim2DSC00390.jpg
04右21度回転trim3DSC00390.jpg

開閉できるネットを潜ると、次第に傾斜が増してきて進路は左に曲がる。
<05一の峰への山道>
05DSC00391一の峰への山道.JPG
もう一度右に曲がると間もなく第一峰に着いた。

<06ミツバツツジ><07ドウダンツツジ>
06ミツバツツジDSC00392.JPG
07ドウダンツツジDSC00393.JPG

<08お堂>
08DSC00395祠.JPG
三等三角点「妙覚寺山」266.7m。
山頂はちょっとした広場で左手にアンテナ、一番奥にお堂がある。

第二峰へはこの先を下る。
<09クサイチゴ>
09クサイチゴDSC00398.JPG
尾根の西側を上っていくと、右手に段差の分岐があり、そこを左のネット沿いに進むと展望が開ける。

<10一峰を望む>
10一峰を望むDSC00400.JPG
右手正面に一峰が望まれる。
左手杉林の奥に3峰が見える。

<11地籍図根>
11地籍図根DSC00402.JPG
山頂標識はないが、「千歳・地籍多角点」なる標識と標柱があった。
ここを二峰としよう。

少し戻ってネットを潜る。ネット沿いに左右どちらにも道が伸びている。
左に行きかけたが、右に変えて下る。
鞍部に下りると左分岐が下っている。帰りはここを通ろうと言うことになった。
鞍部を経て疑似木の緩やかな階段が上っている。

上りきると、南側左手に二峰と一峰が望まれ、奥に「三ノ峰」の表示板が落ちていている。
<12二峰と奥に一峰><13三の峰標>
12二峰と一峰DSC00404.JPG
13三ノ峰標DSC00405.JPG

表示板の奥はシカ避けネットで、その奥は開けた草地。そこから周回路が延びているのだろうと思われる。
<14デジタル無線塔>
14DSC00407デジタル無線塔.JPG
手前に「千歳デジタルテレビ中継放送所」と書かれた無線塔が立っていた。

<15北の展望>
15DSC00408北の展望.JPG
無線塔のフェンス手前を進むと北の展望が開ける。


<復路>
分岐に戻る予定だったので、往路を引返す。

分岐を下るとすぐ分岐に出合い、右は下ってる。左に上る。
<16ネット出口>
16ネット開閉口DSC00410.JPG
途中右への下り分岐を2つ?見送り、二峰への上りと思われる分岐を上がる。
ネットの出口を撮影するためだ。

戻って下の周回路を二峰を巻いて進むと一峰への上り口があった。暑くなったのでその手前で着替えをした。
一峰を巻いて尾根の端に来ると一峰に直登できそうな踏み跡があった。その後車道沿いに進むと、上りに最初に出合った分岐を直進して妙覚寺の横に戻った。
<17最初の分岐><18ミツバツツジの蕾>
17最初の分岐DSC00411.JPG
18ミツバツツジの蕾DSC00413.JPG

さて登山口にある「妙覚寺」とはいかなる寺であろうかと思って入ってみると、民家風の入口ながら「臨済宗妙心寺派白鹿山妙覚禅寺」とある。結構由緒ある禅寺だ。禅寺は修行の場であるから、入口などはさりげなく作られているのだろう。
<19妙覚寺玄関><23玄関横の表示板>
19妙覚寺玄関DSC00415.JPG
23玄関横の表示板DSC00420.JPG

<20妙覚寺山門>
20妙覚寺山門DSC00416.JPG
しかし手前の山門は奥ゆかしく、「(豊後大野)市指定有形文化財」となっている。

<21説明標><22白い蕾>
21説明標DSC00417.JPG
22白い蕾DSC00418.JPG

山門の下は石造りの山道が下っていた。

「妙覚寺」については次のサイトが詳しい。「和(なご)み空間 No.51 白鹿山妙覚寺」:
http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/134160.pdf

<帰路>
さて、お寺の見学を終えて、駐車場の車のところに戻り、小休の後帰路につく。

村道の十字路まで戻って右折。中九州横断道路まで行きたかったが、同じ国道57号線の旧道肥後街道に入った。右折して犬飼インターを左折。ぐるっと回って「宇津尾木橋」を渡り、国道10号線に下った。

大分市街に入ると左手に霊山が望まれる。
未だ時間があったのであそこに登ろうということになったが、どこから入るか。
結局敷戸駅の先で左折して寒田団地の方に進むと、いつの間にか悪名高いという県道41号線に入ってしまった。

案の定狭い谷沿いの道で対向車と出合ってしまった。運転手は向うは可也高齢の男性、こちらは狭い離合が嫌いな女性。結局こちらが安全に離合できる所までバックして、難関を突破した。

次の変則四差路、どちらに進むか。最初は右奥の道を選んだが、途中でどうもおかしいとYさんが言う。
戻ってもう一度案内板を見直して私の見間違いに気付き、右手前の道に進んだ。
<24霊山を謳った詩>
24霊山を謳った詩C+10%DSC00422.jpg
下っていくと間もなく、霊山寺の駐車場に着いた。

<25霊山寺の山門>
25DSC00423霊山寺の山門.JPG
雨は小康状態。支度をして上りかかったが、また雨が降り出したので、見事な山門を眺めて、今日は撤退することになった。

別府に着いて南立石公園で2種類の桜の品種、御衣黄と鬱金を眺めた。
<26御衣黄><27鬱金(ピンボケ)>
27鬱金DSC00428.JPG
26御衣黄DSC00424.JPG

そこで2人と別れ、県南まで行ったにしては早く5時過ぎに帰宅した。

Yさん、Nさん、お疲れ様でした。
Yさん、長らくの運転ご苦労様でした。
有難うございました。

<所要時間>
◎アプローチ:4:52 【移動3:32,休み1:20】
自宅発 6:57AM<約5’>Yさん宅(15’)<1’>別府IC<19’>米良IC<39’>SE三重・赤嶺(10’)<26’>桑の原TN先左折<12’>藤河内CR<12’>藤河内第2P(5’)<12’>藤河内CR<25’>木浦・名水の湯(7’)<8’>ととろ入口<1:03・途中休み道の駅みえ(10’)>妙覚寺P着11:16PM頃(33’)
◎山行:1:49 【移動1:02,休み47’】
妙覚寺P発 11:49AM<13’>一の峰(3’)<12’>二の峰(6’)<12’>三の峰(10’)<15’>一の峰分岐手前(4’)<10’>1:14PM 妙覚寺着(24’)
◎帰路:3:26 【移動2:55,休み31’】
妙覚寺P発 1:38PM<3’>市道<4’>国道57号線<5’>犬飼入口<1:21>霊山寺P(12’)<12’>車ST<59’>南立石公園P(19’)<11’>5:04PM 自宅着
◎合計:10:07 【移動7:29,休み2:38】

登山の楽しみ トップへ
posted by sanjin at 19:58 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

本宮山150111


150202訂正:下線部

15年1月11日(日) 晴

<プロローグ>
ゆみちゃんさん(以下Yさん)から大分市の本宮山(ほんぐうさん)に登りませんかというお誘いがあった。
記憶する限り大分市の山は高碕山以外は登ったことはないが、
大した山もないのだろうと思っていた。

<アプローチ>
午前8時前にYさんがドアまでやって来てくれた。
数分後に支度を済ませて、Yさんの車に乗り込む。
途中Kさんを誘って大分へ。

<00右折標識 (GoogleStreetViewより切り取り)>
00右折標識.jpg国道10号線を下り、自宅から22.3km近く、大分宮崎で高速を潜って1km程で左の標識を見る。
標識に従って次の右分岐を西寒多神社(ささむたじんじゃ)方向へ進む。

2.5km程で右手に神社の駐車場に着いた。
そこに大分のHさんが待っていた。

<往路>
ルートマップ151011(カシミール3D使用)
本宮山150111:距離標高グラフ(地形)

午前9時過ぎに登山出発。今日はYさんが知っている山なのでsanjinはラストを頼まれる。
太鼓型の石橋を渡って、まず西寒多神社のに境内に入り、奥の拝殿で参拝する。
厳粛な雰囲気の神社で、後で知ったがなかなか格式のある社。
<01石橋に向かう><02西寒多神社参道>
01DSC00068石橋に向う.JPG02DSC00069西寒多神社参道.JPG

<03登山口>
03DSC00070登山口.JPG9時10分、山道に出る。
山道を進むと、直ぐ右手に天神社がある。
学芸の上達を祈る。

<04山道を進む(1)><05天神社>
04DSC00071山道を進む(1).JPG05DSC00072天神社.JPG

右手に涸れ田を見ながら、山腹の右手を進むと、数分で案内に従って分岐を左へ。
<06山道を進む(2)><07左分岐>
06DSC00073山道を進む(2).JPG07DSC00074左分岐.JPG

<08池>
08DSC00076池.JPG間もなく左手にかなり大きな池を見た。
山道は森の中深くへ分け入る。
傾斜はゆるく、よく整備されている。
途中綺麗な竹林があった。

<09山道を進む(3)><42竹林(下りに撮影)>
09DSC00078山道を進む(3).JPG42DSC00141竹林.JPG

緩やかに上り、2度ほど休憩を取って、歩き始めて1時間ちょっとで、十字路に着いた。
右手に本宮山の案内板がある。
<10山道を進む(4)><11本宮山への登路>
10DSC00080山道を進む(4).JPG11DSC00082本宮山への登路.JPG

真直ぐは高取集落方面らしい。左に折れて高取山を目指す。
<12祠>
12DSC00085祠.JPG直ぐに祠があった。
道なりに真直ぐ進むが、高鳥山方面には進まない。

途中から進路変更。右に降りて高取山方面に進む。よくテープが付いている。
テープを付けた方も迷ったのだろう。

程なく四等三角点のある高取山に着いた。三角点名「高取」、標高275.8m。
<13高取山><14自然林>
13DSC00087高取山.JPG14DSC00088自然林.JPG

<15これは何じゃ?>
15DSC00090これは何じゃ?.JPG引返す途中面白い木を撮影。
下りは本来の道を探す。
途中から左折して山腹を巻くと先の登路に出合った。

<41分れ道(下りに撮影)>
41DSC00138分れ道.JPG上るとき見えなかった分岐だが、ブッシュを分けて右に上ればスムーズに高取山に至る。
分岐に左に倒木を1本置き、下りに立ち寄って1本追加して目印とした。

元の十字路に戻って本宮山を目指す。
相変わらず傾斜は緩やか、ハイキングコースを歩くようだ。
<16山道を進む(5)><17山道を進む(6)>
16DSC00091山道を進む(5).JPG17DSC00094山道を進む(6).JPG

山頂はどこだろう。
左手に谷を隔てた向うに高いところが見える。
あそこまで上るのか。まだまだだ。

<18杉林>
18DSC00095杉林.JPG杉林を通り、道が左に曲がり、ササが多くなってアオキが出てくると左の展望が開ける。

<19ササが出る><20アオキが現れる>
19DSC00098ササが出る.JPG20DSC00099アオキが現れる.JPG

木の間に先の高取山が覗いている。その先は市街地だ。
木の間に展望が開ける。
写真左:385m峰の先に大銀ドームが見える。
写真右:高取山(中央左寄り)の先に市街地が広がる。

<21高取山展望
大銀ドーム遠望>
<22市街地展望
市街地遠望
21DSC00100市街地遠望.JPG22DSC00102大銀ドーム遠望.JPG

戻る

<23分岐>
23DSC00103分岐.JPG直ぐ先は分岐で、左への下りは判田方面らしい。


道なりに右手に上っていくと自然林になり、やがて左本宮山・右御旅所のト字分岐に出た。
<24自然林><25御旅所分岐>
24DSC00104自然林.JPG25DSC00106御旅所分岐.JPG

<26山道を進む(7)>
26DSC00110山道を進む(7).JPGまずは本宮山を目指す。
尾根の右手に平道が続く。

次第に上りとなると、左手に分岐があり、鳥居の奥に式内社の小さな拝殿がある。
<28式内社鳥居><27式内社>
28DSC00114式内社鳥居.JPG27DSC00113式内社.JPG

<29車道に出合う>
29DSC00115車道に出合う.JPG前方に右上がり傾斜の車道が現れ、正面に案内板がある。

<30本宮社鳥居>
30DSC00116本宮社鳥居.JPG案内に従い、車道を左手に下ると本宮社の鳥居があった。

ここは西寒多神社の奥の院。境内は縦に長く、一番奥の拝殿で参拝。賽銭箱は格子の中に保管されていて、賽銭は手を延ばして入れたが、箱の外に落ちたような音がした。まあ、泥棒もいるようだから、仕方のないことなのだろう。戻る途中、本宮社の謂れを書いた説明板を見る。
<31拝殿><32奥宮略記>
31DSC00119拝殿.JPG32DSC00121奥宮略記.JPG

戻りながら真直ぐ進んで磐座の下に来た。
神の座にふさわしい神秘的な岩組み。
太古の昔からこのままの姿を保っていたのだろうか。
<34進路案内><33磐座>
34DSC00125分岐.JPG33DSC00124磐座.JPG

◎車道を上って左カーブの先で右山道へ入る。

間もなく前方に展望台が見える。
これは14年の3月に作られたと言う。
<35山頂展望台><36看板アップ>
35DSC00128山頂展望台.JPG36DSC00128看板アップ.jpg

<展望台より>階段を上ると北側の展望が得られ、市街地方面が望まれる。
<三角点「本宮山」>
38DSC00133三角点「本宮山」.JPG展望台への上り口に三角点があった。
三等三角点「本宮山」607.6m

展望台の南側で昼休みとした。

<復路>
<39下山路>
39DSC00134下山路.JPG下山は往路を戻る。
上りに見た御旅所分岐を入る。

<40「八紘一宇」碑>
40DSC00135「八紘一宇」碑.JPG平尾根の先端に着くと、右手に石碑がある。
「八紘一宇」と彫られている。


左手に急な下降路が続いているが、
一人待たせているので、引き上げる。
十字路で一休みして、午後3時過ぎに駐車場に戻った。

<帰路>
片付けの後、Yさんの車で送ってもらって4時20分ごろ帰宅。

<エピローグ>
本宮山は高さこそないが、大分らしい穏やかな山だった。
傾斜が緩やかでのんびりハイキング気分で歩くことが出来る。
山道もよく整備されているし、自然も程良く残されている。


<装備>
◎ザック:4.3kg(救急セット・ストームクルーザーパンツ・山専ボトル(湯700ml)・食料バッグ(海苔結び2・ゆで卵2・ソイジョイ2・カロリーメイト1B)・タオル・ヘッドランプ・キー・レジャーシート・外付け(GPS・半ポカリ500ml・アルパインカーボントレッキングポール))
◎サイドバッグ:財布・メモ帳・ティシュー・カメラ(DSC-RX100)・予備電池(U3×2)・ボールペン予備
◎服装:ボクサーパンツ・吸汗速乾長袖シャツ・ニッカホース・ニッカボッカ・アクリルセーター・ストームクルーザー上着(タオルハンカチ・軍手)・キャップ・指出し手袋・ネックウォーマー
◎その他:

<所要時間>
◎アプローチ:1:00 【移動43',休み17'】
自宅発 8:02AM<43'>8:45AM頃 西寒多神社P着(17')
◎往路:3:11 【移動2:48,休み23'】
西寒多神社P発 9:02AM<参拝等8'>山道へ<3'>左分岐<2'>池<8'>小休(2')<25'>小休(5')<14'>高取山分岐<17'>高取山(6')<12'>高取山分岐<11'>小休・道譲り(2')<25'>高江分岐<15'>小休(5')<6'>本宮社分岐<5'>本宮社(2')<5'>磐座(1')<12'>12:13PM 本宮山山頂着
◎山頂:43' 【休み43'】
◎復路:2:23 【移動1:47,休み36'】
本宮山山頂発 12:56PM<16'>小休(3')<2'>御旅所分岐<1'>尾根端(3')<2'>御旅所分岐<5'>高江分岐<28'>高取山分岐(13')<43'>西寒多神社<10'>3:02PM 西寒多神社P着(17')
◎帰路:1:00 【移動56',休み4'】
西寒多神社P発 3:19PM<48'>K宅前(2')<6'>自宅前(2')<2'>4:19PM 自宅着
◎合計:8:17 【移動6:14,休み2:03】

<注>
本宮社 (ほんぐうしゃ):もともとこの山上に祭った西寒多神社を、後に山麓の寒田に下ろしたので、元の場所を奥宮(本宮)と呼んだ。
(本宮社の「豊後一ノ宮西寒多神社奥宮略記」より)戻る

磐座 (いわくら): (占い・開運・スピ総合サイト ハピズムによると) 「神様が降臨するための巨石」のこと。
古代の日本では、神様に力を貸してもらうため、神様に降りてもらって祀っていた。
そのとき神様に降臨してもらうために使った自然の石や森、常緑樹などを「依代(よりしろ)」または「御座所(ござしょ)」と呼ぶが、それが岩の場合、「磐座(いわくら)」と呼ばれた。戻る

八紘一宇 (はっこういちう):(goo辞書によると) 全世界を一つにまとめて、一家のように和合させること。
第二次大戦のとき日本が国家の理念として打ち出し、海外進出を正当化するスローガンとして用いた。
▽「八紘」は天地の八方の隅、地の果てまでの意。転じて、全世界の意。「宇」は家の意。戻る

登山の楽しみ トップへ
posted by sanjin at 19:35 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする