ス ポンサードリンク

2016年04月22日

猪の瀬戸160420

16年4月20日(水)晴 (UL=16.5.11)

<本文>
バスを降りて猪の瀬戸湿原を南下。途中サクラの木の葉が茂っている。地面に花は落ちていないし、何時咲いたのだろうか。このサクラの花はまだ見たことがない。観察道の木道を南下。
<01花は何時?><02木道>
01花は何時?DSC01960.JPG
02木道DSC01961.JPG

湿原の南部を見て水口山の山麓に差し掛かる。今日もユキワリイチゲの花を探しに来た。何度かの根生葉の見られた斜面のところに上ってみると、地震のためかイノシシの害か、土壌が抉られていて根生葉も見られなかった。
<03湿原南部><04堀り起こされた群落>
03湿原南部DSC01962.JPG
04無残に抉られた群落DSC01963.JPG

近くでは以前にも土が掘り起こされたところがあったので、根茎も食するならイノシシの害の可能性が高い。とすると厄介なことになった。湿原が野焼されてイノシシの住処がなくなると周辺部が狙われるのかな。他の群落も探してみたが、根生葉だけで花はおろか花茎も見られなかった。

ユキワリイチゲの花は3月下旬に見たとの記事があっただけで、私自身は見ていない。
ただイチリンソウが白い清楚な姿で迎えてくれた。
<05タチスボスミレ><06イチリンソウ>
05タチスボスミレDSC01967.JPG
06イチリンソウL-20C+20DSC01970.jpg

せめてもの慰めだが、同時にユキワリイチゲの時期は過ぎたということか。
来年はもっと早く来てみよう。雪解けの頃に。

<07サクラソウ>
07サクラソウDSC01975.JPG
昼過ぎに湿原のサクラソウを見ながら、集合地地点の一本桜駐車場へ向かった。
<08サクラソウ三態><09サクラソウ群落>
08サクラソウ三態DSC01976.JPG
09サクラソウ群落DSC01978.JPG

昼食の後、午後の植物調査は始めて試みなので調査方法などの説明を受け、植物に詳しい方を中心に4つの班に分かれて湿原に向かった。
<10ジロボウエンゴサク>
10ジロボウエンゴサクDSC01979.JPG
私のとっては調査というより学習である。
メモするのが精一杯で写真も余り撮れなかった。


<11アマドコロ><12タネツケバナ?(右)>
11アマドコロDSC01980.JPG
12タネツケバナ?(右)DSC01981.JPG

<13モミジガサ?><14サクラソウ集団>
13モミジガサ?DSC01985.JPG
14サクラソウ集団DSC01987.JPG

説明を受けても記憶に留めるのは難しい。
何度も観察して気長に少しづつ覚えていこう。


<所要時間>
◎アプローチ:26’ 【移動15’,休み11’】
ハーフゴール発 11:18AM<徒歩2’>ロープウェイBS(11’)<バス13’>11:44AM 猪の瀬戸BS着
◎植物観察:約1:16 【休み1:16】
◎昼休み:約22’ 【休み22’】
◎植物調査など:約3:11 【休み3:11】
◎帰路:23’ 【移動23’,休み0】
猪の瀬戸発 4:33PM頃<会員の車23’>4:56 自宅着
◎合計:5:38 【移動38’,休み5:00】
<装備>
◎ザック:5kg(レインウェア上下・救急セット・食糧・弁当・半ポカリ500ml・タオルなど)
◎ショルダーバッグ:2kg(長靴)
◎サイドバッグ:1kg(財布・貴重品一式・筆記具・ティシュ・除菌ティシュ・キーなど)
◎服装:FILAボクサー・ニッカホース薄手BG・KS長袖BK・トレパン・カジュアル長袖
◎その他:モンベルトレッキングポール

登山の楽しみ トップへ


posted by sanjin at 23:18 | Comment(0) | 猪の瀬戸周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猪の瀬戸160330

16年3月30日(月)  曇  UL:170702

猪の瀬戸湿原から水口山への登路は始めは緩やかで上りやすいが、途中からしばらく険しいところがある。
何とかもっと快適な登路は出来ないものかと出かけた。

午前9時前に自宅発。
<01. 鶴見橋下のハクモクレン>
01. ハクモクレン?DSC01804.JPG
一気登山道をRw高原駅まで上り、バスで猪の瀬戸へ。
ルートマップ(国土地理院地図・カシミール3D使用)
160330猪の瀬戸.jpg

湿原を南下、植物を見ながら歩く。
<02. ユキワリイチゲ><03. 山腹のオオキツネノカミソリ>
02. ユキワリイチゲDSC01814.JPG
03. 山腹のオオキツネノカミソリDSC01815.JPG

<04. シロバナネコノメソウ>
04. シロバナネコノメソウtrimDSC01816.jpg
氷室で昼食。

<05. ヤマネコノメソウ><06. スミレ>
05. ヤマネコノメソウDSC01818.JPG
06. スミレDSC01820.JPG

<07. 大岩>
07. 大岩DSC01822.JPG
更に西進して大岩の先から対岸に渡り、涸谷の左岸を上る。
直ぐに傾斜が増して歩きにくい。
<08. 湿原が覗く>
08. 湿原が覗くDSC01824.JPG
急斜面をこなして振返ると木の間に湿原が覗いていた。

急斜面をしばらく辛抱すると、やがて平坦地に近い帯状の段地に着く。
右下の杉林にはテープもあり、その当りから上れば、もっと楽勝かと思われた。

その当りから左に向かい、少し上ると再び平坦地。このまま上の台地に上るのかと思ったが、旧山道の途中に出た。
このコースは矢張り途中の急傾斜があるために山道にするには不適格と思われる。
次回は涸谷の右岸を登ってみよう。

<09. 林間広場>
09. 林間広場DSC01827.JPG
さて旧山道を辿ると、紅葉の森の中の林間広場に出た。

<10. 西に伸びる林道><11. 看板UP>
10. 伸びる林道DSC01828.JPG
11. 看板アップDSC01829.JPG

小休の後、右回りに一回りしてみようと思い立った。

広場西の谷状地の先に左への踏み跡がある。
そこを辿ると途中から踏み跡が消えた。
以前はずっと道があったのだが、大分変わっている。

ラフをそのまま台地の南はしに向かうと、真新しい作業道に降りた。
西から続いているように見える。
こちらから東回りに辿れるかと歩いてみると直ぐに行き止まり。

地形的にも行き詰っているので、整備途中で、これから延伸されることもないだろう。
その辺りから、しかし、下方への踏み跡が幾筋か続いている。
適当に降りていくと、下のほうが明るく、林道のようなものが見える。

なんとか下に降り立つと、それは舗装こそされていないが、立派な林道だ。
<12.ゴルフ場>
12. ゴルフ場DSC01830.JPG
左(東)に向かうと左手がゴルフ場になってきた。

<13. 伐採地>
13. 伐採地DSC01831.JPG
右手の小高い落葉樹の丘は尾根の手前が伐採され、伐採樹は所々で集められ束ねられている。
なかなかの趣だ。


さて林道を降りていくと左は相変わらずゴルフ場が広がり、途中入口もあった。
右手は立ちこんで見通しが利かなくなった。
更に進むとT字路に出た。
さてどちらに進むべきか。道は右のほうがしっかりしているように見えたが、
元に戻るのは左だと判断して、そちらに向かうと、道は直ぐになくなり、後は細い踏み跡になった。
戻ろうかと思ったが、そのまま進んだ。
(何時ものことだがこの辺の判断が甘い、というか好奇心が優先する。
適切なルートはこちら

踏み跡はゴルフ場の縁に沿って下っていく。川の右岸を左右に曲折してなかなか出口が見えない。
とうとうゴルフ場の取り付け道が橋を渡るところに出合ってしまった。
やむなく取り付け道を通って橋を渡った。

ゴルフ場の中に入るのは避けるため、川の右岸沿いに上ると、何とか一般道に出ることが出来た。
<14. 記念碑>
14. 記念碑DSC01833.JPG
そこを上ると、トレッキングコースに接続したので、

<15.リンドウ>
15. リンドウDSC01834.JPG
右手に城島高原方向に上ると、

城島遊園地の入口に出た。
右にはトレッキングコースの案内標
<16. 城島遊園地入口><17. トレッキングコース入口>
16. 城島遊園地入口DSC01835.JPG
17. トレッキングコース入口DSC01836.JPG

左手に県道を渡り、BS城島高原から直ぐにやってきたバスに乗って、Rw高原駅BSで降りた。
一気登山道を下った。
<18. 朝見川源流><19. 紅葉谷の山道>
18. 朝見川源流DSC01838.JPG
19. 紅葉谷の山道DSC01839.JPG

途中から堀田温泉経由で4時過ぎに帰宅した。

T字路からのまともな道
右折して「合の原」の集落を抜け、左折して由布川に掛かる橋を渡り、「城島」集落の途中を左折して上ればトレッキングコースに出合う。
戻る

<所要時間>
◎アプローチ:1:33 【移動1:24,休み9’】
自宅発 8:44AM<10’>イセ<4’>N北<5’>开<8’>温泉<9’(内休み1’)>F<9’>G<12’>H<7’>林道<0>I<8’>HG<2’>Rw BS(5’)<11’>10:14AM猪の瀬戸着(3’)
◎往路:4:33 【移動3:28,休み1:05】
BS猪の瀬戸発10:17AM<1:00>氷室(昼食45’)<13’>登路取付き<37’>林間広場(17’)<34’>林道<13’>T字路<28’>TR合流<23’>2:24PM BS城島高原着(3’)
◎帰路:1:17 【移動1:17,休み0】
BS城島高原発2:50PM<11’>BS Rw<37’>堀田分岐<3’>堀田温泉<8’>开<5’>N北<13>4:07PM 自宅着
◎合計:7:23 【移動6:09,休み1:14】

<概要>
◎TRポール忘れ
◎ポカリ・お茶500mlペット残300ml?


登山の楽しみ トップへ



posted by sanjin at 21:30 | Comment(0) | 猪の瀬戸周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猪の瀬戸160325

16年3月25日(金) 良晴 UL: 170630

猪の瀬戸のユキワリイチゲ、久しく見ていない。
今年はどうかと見に行った。

8:15AM自宅を発って、一気登山道をRw(ロープウェイ)高原駅まで歩く。
<01. 一気登山道(堀田上)><02.一気登山道(紅葉谷) >
01. 一気登山道(堀田上)DSC01769.JPG
02. 一気登山道(紅葉谷)DSC01770.JPG

<03. Rw高原駅手前(1)><04. Rw高原駅手前(2)>
03. Rw高原駅手前(1)DSC01771.JPG
04. Rw高原駅手前(2)DSC01773.JPG

そこからYR(ゆふりん)で猪の瀬戸へ。

湿原の南端を探す。
西に向かうが以前の群落も相変わらず根生葉ばかり。
<05. ユキワリイチゲ(1)><06. ユキワリイチゲ(2)>
05. ユキワリイチゲ(1)DSC01775.JPG
06. ユキワリイチゲ(2)DSC01776.JPG

水口川の左岸を西へ。
途中炭焼跡?や大木が見られる。
<07. 炭焼跡?><08. 大木>
07. 炭焼跡?DSC01782.JPG
08. 大木DSC01784.JPG

<09. 楽園>
09. 楽園DSC01787.JPG
県道を右に見る辺りの落葉樹林は正に楽園。

<10. カーブ>
10. カーブDSC01790.JPG
県道カーブを左に見ながら戻った。

<11. 旧日田街道>
11. 旧日田街道上部.JPG
序に「旧日田街道」の行き先を調べるため森に入ってみた。
石垣が築かれた緩い上り坂から先は逆に掘割り状になったが、その先の行方ははっきりしなかった。

湿原に戻って再び南端へ。
<12. 輝く氷室>
12. 輝く氷室DSC01797.JPG
苔むした氷室辺りも幻想的。

ユキワリイチゲも探しながら湿原を戻る。
<13. ユキワリイチゲ(3)><14. ユキワリイチゲ(4)>
13. ユキワリイチゲ(3)DSC01798.JPG
14. ユキワリイチゲ(4)DSC01799.JPG

<15. 日向岳方面><16. 南平台方面>
15. 日向岳方面DSC01801.JPG
16. 南平台方面DSC01802.JPG

<17. 城島遊園地>
17. 城島遊園地DSC01803.JPG
県道を潜ってトレッキングコースを城島高原へ。

バスの待ち時間が長かったので鳥居まで歩いてYRに乗った。
このバスは自衛隊前まで回ってくれるので助かる。
自衛隊前から真直ぐ下って4:10PMに帰宅。


<概要>
◎弁当:半ポ500ml (残200ml)・尾西の松茸ごはん・ソイジョイ(リンゴ・アーモンドチョコ・葉酸(1/2残り))

<所要時間>略語解 BS:バス停、Rw:ロープウェイ、YR:ゆふりん、D~I:一気登山道50m目標点
◎アプローチ:1:55 【移動1:31,休み24】
自宅発 8:15AM<20’>D下角(着替え4’)<1’>D<10’>E<9’>F<9’>G<12’>H<6’>I<8’>ハーフゴール<2’>RwBS(12’)<YR 14’>10:02AM猪の瀬戸BS着(8’)
◎探索:4:52 【移動4:07,休み45’】
猪の瀬戸BS発10:10AM<ユキワリイチゲを探す1:11>(昼休み37’)<52’(内休み1’)><旧日田街道?探索6’><1:14>TR分岐右へ<5’>(由布見ベンチ6’)<19’>新道へ右折<新道探索12’>復帰<9’>3:01PM 城島高原BS着 (1’)
◎帰路:1:08 【移動1:01,休み7’】
城島高原BS発 3:02PM <24’>鳥居BS着3:26PM (7’)鳥居BS発 3:33PM<YR 14’>自衛隊前<23’>4:10PM 自宅着
◎合計:7:55 【移動6:39,休み1:16】


登山の楽しみ トップへ




posted by sanjin at 21:26 | Comment(0) | 猪の瀬戸周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする